ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・安全・環境 > 防災 > 上越地域振興局 > 【妙高砂防】上越市立豊原小学校の皆さんを対象に防災教室を実施しました

本文

【妙高砂防】上越市立豊原小学校の皆さんを対象に防災教室を実施しました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0322174 更新日:2020年10月20日更新

 10月8日(木曜日)、上越市板倉区の豊原小学校4年生の皆さんが、地すべり資料館を訪れました。
 この日は、「自然災害にそなえるまちづくり」を題材とした、社会科の授業の一環での来館でした。

 

当日の様子

 はじめに地すべり博士(妙高砂防事務所職員)が、上越市の地形の成り立ちや特徴について説明しました。

座学   

 

 次に2班に分かれて、映像学習と各種実験を行いました。
 映像学習では、「自然災害から命を守る」をテーマに、自然災害の種類や正しい避難方法などについて学習していただきました。
 また実験では、大地のでき方を学習するための地層実験や、液状化現象の仕組みを学習するための実験を行いました。

シアター  実験

 

 また、個別には紹介しきれなかった様々な模型や展示物を、自由に見学していただきました。

3dマップ  模型

 

地すべり資料館での防災学習について


 妙高砂防事務所では、地すべり資料館(板倉区猿供養寺)を利用して、「自分の命は自分で守る」ための防災教室を開催しています。災害や対策工事についてのパネル展示、模型を用いた実験などにより、自然災害について分かりやすく学ぶことができます。ぜひご利用ください!
地すべり資料館のページはこちら!

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ