ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 農林水産部 畜産課 > 養豚農場でのCSFワクチン接種を開始します

本文

養豚農場でのCSFワクチン接種を開始します

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0246302 更新日:2020年1月10日更新

「CSFに関する特定家畜伝染病防疫指針」に基づき国へ提出した「ワクチン接種プログラム」について、本日(1月10日)、国の確認が完了しました。
これを受けて、本日、家畜伝染病予防法第6条第1項の規定に基づき、県知事が飼養豚等へのCSFワクチン接種を命令する告示を行いました。

1 ワクチン接種プログラムの概要

  1. 対象区域:新潟県の全域
  2. 接種の開始予定日:令和2年1月16日
  3. 接種対象:112農場(養豚農場111農場、いのしし農場1農場)、135,000頭
  4. 接種の進め方:1農場につき1~2班体制で実施。初回接種は、上越及び中越地域から順次実施し、3月下旬までに完了予定。

2 その他

 初回接種については、接種手数料を全額免除します。

3 取材対応について

  • 家畜防疫上の観点から、養豚農場等での取材はお断りします。
  • なお、接種開始の1月16日9時に上越家畜保健衛生所(上越地域振興局内)から、ワクチン接種のため出発しますので、その場で取材を受けます。
  • また、ワクチン接種作業等の写真を提供しますので、必要な場合は、ngt060050(アットマーク)pref.niigata.lg.jpまでメールをお願いします。

※上記アドレスは、セキュリティの関係上アットマークを表示しておりません。お手数ですが、各自でご入力の上、送信してください。

 

<この記載事項に関する問い合せ先>
農林水産部畜産課 課長補佐 太田
電話 025-280-5815
内線 2961

報道発表資料 [PDFファイル/76KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ