ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 観光・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 教育庁文化行政課 > 登録有形文化財(建造物)に関する答申が出されました

本文

登録有形文化財(建造物)に関する答申が出されました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0365302 更新日:2021年3月19日更新

「登録有形文化財(建造物)」に関する答申が出されました

令和3年3月19日(金曜日)に国の文化審議会(会長 佐藤 信)が開催され、県内に所在する3件の建造物を登録有形文化財に登録するよう、文部科学大臣に答申されました。登録は答申後に行われる官報告示をもって正式決定となりますが、これにより本県に所在する登録有形文化財(建造物)は530件となる予定です。

高田家住宅主屋(たかだけじゅうたくおもや)

高田家住宅主屋 主屋正面
【主屋正面  提供:佐渡市】

  • 種別 建築物・住宅
  • 建設年代 明治2年/大正9年増築

高田家住宅土蔵(たかだけじゅうたくどぞう)

高家住宅土蔵 主屋との取合い部
【主屋との取合い部  提供:佐渡市】

  • 種別 建築物・住宅
  • 建設年代 昭和7年

高田家住宅門及び塀(たかだけじゅうたくもんおよびへい)

高田家住宅門及び塀 門構え
【門構え  提供:佐渡市】

  • 種別 その他工作物・住宅
  • 建設年代 明治前期/昭和45年頃改修

 

今回登録の物件概要 [PDFファイル/119KB]

 

登録有形文化財登録基準

建造物の部

 建築物、土木構造物及びその他の工作物(重要文化財及び文化財保護法第182条第2項に規定する指定を地方公共団体が行っているものを除く。)のうち、原則として建設後50年を経過し、かつ、次の各号の一に該当するもの。

(一)国土の歴史的景観に寄与しているもの
(二)造形の規範となっているもの
(三)再現することが容易でないもの

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ