ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 魚沼地域振興局 農業振興部 > 【魚沼】魚沼の農業フォト通信(2018年9月分)

本文

【魚沼】魚沼の農業フォト通信(2018年9月分)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0061984 更新日:2019年3月29日更新

魚沼の農産物の生育状況や生産者の取組等を紹介します。

いちじくドライフルーツ 販売始めました(9月27日更新)

 以前、魚沼市果樹研究会で市内にある障害者サービス事業所「なないろ」と連携して、いちじくのドライフルーツの試作に取り組んでいる話しを掲載しましたが、9月23日にJA北魚沼直売所「百菜花ん」で行われたいちじく販売会で、ドライフルーツの販売が始まりました。
 1袋250円(30グラム)と気軽に購入できる形態で、試食したお客様からも美味しいと好評でした。
 今後は「百菜花ん」や県内外で開催されるイベントで販売会を行い、販路の拡大を目指します。

即売会の様子の画像
即売会の様子

いちじくのドライフルーツ試食の様子の画像
いちじくのドライフルーツ試食の様子

いちじくのドライフルーツの画像
いちじくのドライフルーツ

新之助研究会の刈取前研修会(9月26日更新)

新之助の刈取前研修会が行われました。ほ場で生育の様子を確認し、積算温度による収穫時期の予想や乾燥・調製作業時の注意事項などについて研修しました。
また、新之助の刈取適期は積算温度1,050~1,100℃ですが、品質を事前に把握するため、積算温度800℃時点での玄米品質を生産者の皆さんと確認しました(写真3枚目)。
魚沼地域における新之助の稲刈りは、9月最終週から始まる予定です。

刈取適期予想を説明の画像
刈取適期予想を説明

ほ場で生育具合を確認の画像
ほ場で生育具合を確認

積算温度800℃時点での品質を確認の画像
積算温度800℃時点での品質を確認

魚沼コシヒカリのパンフレット(9月18日更新)

魚沼コシヒカリのイメージアップを目指して、関係する機関や団体が協力してパンフレットを作成しました。
魚沼の自然や農業者の想い、魚沼コシヒカリのおいしさを伝える内容となっています。
このパンフレットは関係する市町、JA、主食集荷業者、県地域振興局においてあります。
ご希望の方は、魚沼地域振興局 農業振興部 普及課(Tel(025)792-6789)までお問い合わせ下さい。

パンフレットの画像
パンフレット

コシヒカリの収穫が始まりました(9月14日更新)

魚沼地域にもコシヒカリの収穫時期が到来しました。
田んぼではコンバインが軽快に稲を刈り取っていきます。収穫した籾はコンバインの中に貯め、排出器でトラックに積み込み(写真3枚目)、今後乾燥・調製を行います。新米の出荷まであと少しです。

コンバインによる収穫作業の画像
コンバインによる収穫作業

青空の下、軽快に刈り取っていきますの画像
青空の下、軽快に刈り取っていきます

収穫した籾をトラックに積み込んでいきますの画像
収穫した籾をトラックに積み込んでいきます

ドライフルーツ試作(9月6日更新)

 これから出荷本番を迎えるいちじくですが、出荷規格に合わない等の理由で出荷できないものがあります。
 これらを有効活用できないかということで、魚沼果樹研究会では市内にある障害者サービス事業所「なないろ」と協力して、ドライフルーツの試作を行うことになりました。
 先日、第1回目の試作品を試食して、これからの取り組みについて両者で意見交換を行いました。
 話し合いの結果、今後研究会で栽培されているブルーベリーの試作も行い、販売に向けた取り組みを進めることになりました。
 その第一弾として、9月23日(日曜日)にJA直売所の「百菜花ん」で開催するいちじくの販売会でいちじく、ブルーベリーのドライフルーツの試食品を出品し、消費者の意見を聞くことにしています。
 今後も農業と福祉の連携が進み、商品化へと続くことが期待されます。

いちじくのドライフルーツの画像
いちじくのドライフルーツ

意見交換の様子の画像
意見交換の様子

いちじくの出荷目合わせを行いました(9月5日更新)

8月27日にいちじくの出荷目合わせが行われました。
当日は、生産者、JA、市場、普及センターの担当が集まり、出荷基準を確かめ合いました。
いちじくの出荷は8月30日から始まっています。

普及センター担当が今後の管理指導について説明の画像
普及センター担当が今後の管理指導について説明

生産者がいちじくを手にして確認の画像
生産者がいちじくを手にして確認

持ち寄られたいちじくの画像
持ち寄られたいちじく

過去の記事はこちら

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ