ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 総務管理部 統計課 > 2018年漁業センサスの概数値(速報)が公表されました

本文

2018年漁業センサスの概数値(速報)が公表されました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0210879 更新日:2019年8月30日更新
漁業センサスは、我が国の漁業の生産構造、就業構造を明らかにするとともに、漁村、水産物流通・加工業等の漁業を取り巻く実態と変化を総合的に把握することを目的とし、水産業を営んでいる全ての世帯や法人を対象として、農林水産省が5年ごとに全国一斉に実施しています。

 このたび、農林水産省で概数値(速報)がまとまり公表されました。
 本県漁業者、漁業関係機関の多大なる御協力をいただきまして、2018年漁業センサス調査を終えることができました。ここに感謝申し上げます。

 なおこの資料の数値は概数値であり、確定した詳細な数値は令和元年12月にホームページで公表される予定です。

2018年漁業センサス調査結果概要 (概数値)

平成30年11月1日現在で調査した2018年漁業センサス漁業経営体調査の新潟県の数値の概要は以下のとおりです。

1 漁業経営体
  漁業経営体数は1,338経営体で、平成25年(平成25年11月1日現在。以下「前回」という。)に比べ、
  460経営体(25.6%)減少しました。
2 漁業就業者
  漁業就業者は1,954人で、前回に比べ 625人(24.2%)減少しました。
3 個人経営体
  個人経営体数は 1,307経営体で、前回に比べ 460経営体(26.0%)減少しました。

統計表(農林水産省資料)

農林水産省統計情報リンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ