ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 分類でさがす > まちづくり・地域づくり > 地域づくり > 【十日町】平成30年度・地域活性化推進(ハード)事業

本文

【十日町】平成30年度・地域活性化推進(ハード)事業

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0125799 更新日:2019年5月8日更新
事業名 目的 内容
クロアチアピッチ周辺回廊整備事業 十日町市サッカー競技場(クロアチアピッチ)へ駐車場から接続する回廊(歩道整備)を、十日町市と共同で整備を行う。 回廊(歩道)整備 L=45m、W=1.8m
〔全体計画 L=317m、W=2.5m〕
ポケットパークについては十日町市が施工
中深見越後田沢停車場線歩道整備事業 一般県道中深見越後田沢停車場線の歩道整備により、「大地の芸術祭」のアート作品(ポチョムキン)を含む自然豊かな釜川周辺の散策路の安全性、利便性を高め、芸術祭を活かした文化振興や来訪者の増加を図る。 歩道整備 L=97m W=3.5m
〔全体計画 L=184m W=2.5~3.5m〕
トヤ沢砂防えん堤周辺環境整備事業 「大地の芸術祭2017」の「トヤ沢砂防えん堤」周辺がアート作品となることから、見学広場として駐車場、案内看板等を整備し、観光資源として情報発信する。 見学広場整備
(敷地整地、案内看板設置、設計・測量)
加用今新田津南停車場線 観光支援道路改善事業 観光名所「中子の桜」へのアクセス道路である一般県道加用今新田津南停車場線の道路改善を行い、来訪者の安全性、利便性を高め、地域資源を活用した来訪者の増加を図る。 道路改善 L=71m
十日町六日町線 観光支援道路整備事業 「大地の芸術祭」のアート作品(赤倉の学堂、あかくらん)へのアクセス道路である主要地方道十日町六日町線の道路改善を行い来訪者の安全性、利便性を高め、芸術祭を活かした文化振興や来訪者の増加を図る。 道路改善 L=37.2m
観光案内デザイン統一事業 平成27年度に作成した市内の観光案内看板マニュアルに基づいて統一することにより、「大地の芸術祭の里」のブランド化を進め、当市の一体感を醸成するとともに、2020年東京オリンピック・パラリンピックにおける観光誘客に向けた環境整備を行う。 市内の観光案内看板を統一的に整備するもので、平成30年度には、次の看板の整備を実施。
  • 十日町地域 小型9基(全て改修)
  • 松代地域 大型1基、中型2基(全て改修)
  • 松之山地域 大型1基(更新)
計6事業    


 

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ