ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 分類でさがす > 県政情報 > 県の広報・広聴・県報 > 【十日町】エフエムとおかまち「十日町地域振興局からのお知らせ」

本文

【十日町】エフエムとおかまち「十日町地域振興局からのお知らせ」

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0125792 更新日:2019年10月16日更新

十日町地域振興局では、コミュニティFM放送局「エフエムとおかまち」78.3メガヘルツで、毎週水曜日の朝7時40分から「十日町地域振興局からのお知らせ」を発信しています。

ここでは、今週・前回・前々回の放送内容をご紹介しています。


えふえむとおかまち<外部リンク>

FMとおかまち公式アプリ<外部リンク>

FMとおかまちでは公式アプリを提供しており、ダウンロードすることによりインターネットを利用して放送内容を受信することができます。

今週の放送(10月16日)

十日町地域振興局 地域整備部からお知らせです。

十日町地域振興局をはじめ、国土交通省北陸地方整備局、建設業関係団体では、建設産業の魅力発信を目的として、今週末10月19日(土曜日)に「土木の日イベント ふれあい体験パークとおかまち」を越後妻有交流館キナーレ駐車場にて開催します。

開催時間は午前10時から午後3時までです。地域の豊かな暮らしや安全・安心を支える道路や河川などの土木工事を分かりやすく説明したパネルや、土木工事現場の最前線で頑張っている土木技術者の姿を紹介するパネルなど展示します。

実際に動く「建設機械の試乗体験」や、「地震体験車」など、子供から大人までお楽しみいただける体験イベントもあり、毎年、お子様連れのご家族にも大変人気の企画となっています。会場にトッキッキも登場予定です。

また、当日は同じキナーレで、「十日町地そばまつり」も開催されておりますので、併せてお楽しみください。

土木の日イベント「ふれあい体験パークとおかまち」の詳細は、十日町地域整備部のホームページをご覧ください。
お問い合わせは、十日町地域整備部 計画調整課(Tel 025-757-5408)までお願いします。


十日町地域振興局 健康福祉部からお知らせします。

糖尿病予防や、糖尿病患者の重症化予防について理解を深めていただくため、毎年秋に糖尿病予防ワークショップというイベントを開催します。

十日町市と津南町のそれぞれの会場で開催します。

十日町市では、10月19日(土曜日)の10時から15時までクロステンで、

津南町では、11月3日(日曜日)の10時から14時まで津南町保健センター、町立津南病院で開催します。

内容は、医師や薬剤師などの相談コーナー、歯のコーナー、食事や栄養の展示相談コーナー、筋肉のバランスや血圧、血糖値、血管年齢等を計れる測定コーナーなどがあり、糖尿病の予防や治療に関することが満載です。

参加は無料、事前の申し込みも不要です。

血糖値が高めの方、糖尿病患者さんやそのご家族、その他内容に興味のある方など、大勢の方々のご参加をお待ちしています。

お問い合わせは十日町地域振興局 健康福祉部
電話番号025-757-2401までお願いします。

10月9日の放送

十日町地域振興局健康福祉部から、傾聴ボランティア養成講座の開催についてお知らせします。

高齢者などのお話を、受け止め、理解し、共感しながら聴く「傾聴」について学ぶ、初心者向けの講座を開催します。

日時は、10月26日土曜日、午前9時から午後4時まで。

会場は、十日町地域振興局健康福祉部、保健所です。

講師は、新潟市で傾聴活動をされている「NPOあいごの会」からお招きします。

参加費は、無料です。

定員は20名程度で、10月22日火曜日までに事前の申込みが必要です。

 

また、ご希望があれば、傾聴ボランティアを行っている「妻有の里 地域医療・地域ケアを支え隊」での活動にお誘いしています。
傾聴ボランティア養成講座の申し込み・問い合わせは、
十日町地域振興局健康福祉部企画調整課 電話 025-757-2400 までご連絡ください。


南魚沼振興局農林振興部から「魚沼きのこ」に関するお知らせです。

きのこの生産量は、新潟県が全国第2位で、南魚沼市をはじめとする魚沼地域は、県内の7割近くを生産している一大産地です。

そして、10月15日は「きのこの日」です。

秋も深まるこの季節に食卓にきのこはいかがでしょうか。きのこには、ビタミンDや食物繊維など様々な栄養素が含まれ、免疫力の向上に寄与する効果も期待できます。

店頭では、ロゴマークを目印に、ぜひ地場産の「魚沼きのこ」をお選びください。

詳しくは、インターネットで「魚沼きのこ」と検索し、魚沼きのこのホームページをご覧ください。サイトには、色々なきのこのレシピも多数紹介していますので、毎日の献立の参考にご活用ください。

なお、「魚沼きのこ」に関する問い合わせは、
南魚沼振興局農林振興部林業振興課(Tel 025-772-8266)までご連絡ください。

10月2日の放送

十日町地域振興局 農業普及指導センターからお知らせします。

これからの時期、品質の高い米を作るために、稲わらやモミガラの秋すきこみにより、土づくりを行いましょう。

秋すきこみは、地温の高い10月20日頃までに、5から10センチの深さで田んぼに浅くすき込むことがポイントです。

乾きにくい田んぼでは、すき込みのあと、排水用のミゾをつくって田の表面を乾かし、ワラの分解を促進しましょう。

また、必要に応じて土づくり資材を活用しましょう。

なお、県では10月20日まで、「秋の農作業安全運動」を実施しています。

秋は夕暮れが早く、すぐにまわりが見えなくなります。トラクターなどはライトを点ける、反射材を付けるなどして交通事故を防止しましょう。

安全は「整理」「整頓」「ゆとり」から。

詳しくは、十日町地域振興局 農業普及指導センター

電話番号025-757-5516 作物担当までお問い合わせください。


毎年10月は「里親月間」です。

家庭の様々な事情により、家族と離れて暮らさなければならない子どもを自分の家庭に迎え入れ、心身の成長を支え、育ててくださる方を「里親」と言います。

里親にも家族の急病や育児疲れがある場合に短期間預かってくださる方、戸籍上も自分の子どもとして育てることを前提として養育する方など、様々な形があります。

そこで、南魚沼児童相談所では、里親制度の説明会を10月11日(金曜日)午後1時から南魚沼地域振興局本庁舎にて行います。

また、10月27日(日曜日)午前10時から南魚沼児童相談所でも里親制度の説明会を行います。

事前の申し込みは不要ですが、

詳しくは、南魚沼児童相談所 電話番号025-770-2400までお問合せください。

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ