ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 分類でさがす > くらし・安全・環境 > ボランティア・NPO・公益法人等 > 【十日町】妻有の里 地域医療・地域ケアを支え隊

本文

【十日町】妻有の里 地域医療・地域ケアを支え隊

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0125756 更新日:2019年9月2日更新

妻有の里 地域医療・地域ケアを支え隊 住民参加で地域医療・地域ケアをよりよくしたい

支え隊・イラスト

 

 「妻有の里 地域医療・地域ケアを支え隊」は、十日町市・津南町の医療や介護、福祉を守るために結成された住民組織で、「病院を応援し隊」「受診行動を良くし隊」「地域ケアを支え隊」の3隊から成ります。

 住民一人ひとりが個人でできること、力を合わせればできること、医療・介護などの関係者や行政と共にできることを皆で考え、実践できることを一つずつ取り組みます。

各隊の活動内容

病院を応援し隊

病院を応援し隊・写真

ありがとうポストの設置(写真上)
 患者さんや家族の方が、医療従事者の皆さんへの感謝のメッセージを投函できる「ありがとうポスト」を十日町市・津南町内の病院に設置しています。(現在は県立十日町病院、県立松代病院、町立津南病院の3病院。)

お弁当の差入れ(写真下)
 松代病院及び十日町病院では、隊員が調理したお弁当を病院スタッフに味わってもらう「お弁当の差し入れ」を行っています。

活動事例を紹介します。

受診行動を良くし隊

受診行動を良くし隊の画像

 最近、待ち時間が短くなるなどと自分の都合だけで、軽い症状にもかかわらず休日や夜間に病院の救急外来を訪れる、いわゆる「コンビニ受診」等が増えていると言われています。
 命に関わるような重篤患者の治療に支障をきたしたり、病院勤務医の負担が過重となる原因にもなっていることから、適正受診に結びつく啓発活動を実施したいと考えています。

活動事例を紹介します

   <参考>妻有地域医療かわら版「子どもの風邪の対応と救急疾患」のページはこちらから

地域ケアを支え隊

地域ケアを支え隊・写真

 介護保険サービスを補完する住民ボランティアという位置づけから、既に小グループで実践されている活動(交流の場の設置、生活支援等)を検討し、「とりあえず、無理なくできることから始めよう。」ということで、福祉施設に出向いて「傾聴ボランティア」を実施することとしました。

※傾聴とは
 高齢者などのお話相手として、お話を真剣に「聴く」ことで、相手の孤独感や不安の軽減などを目指すものです。

活動事例を紹介します

現在、隊員募集中です

 「支え隊」の一員として活動したい、又は、活動に興味をお持ちの方は、十日町地域振興局健康福祉部(電話 025-757-2400)まで、御連絡ください。

【参考】各種媒体でも紹介されました

 

  十日町地域振興局健康福祉部トップページに戻る

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ