ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 十日町地域振興局 健康福祉部 > 【十日町】「病院を応援し隊」から県立十日町病院へお弁当を差し入れました

本文

【十日町】「病院を応援し隊」から県立十日町病院へお弁当を差し入れました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0324110 更新日:2020年10月21日更新

「病院を応援し隊」メンバー集合写真


 妻有地域で活動する「地域医療・地域ケアを支え隊」のうち、「病院を応援し隊」では、県立十日町病院に勤務するお医者さんに、地域の季節のお弁当を差し入れしています。
 地域の食材や地域でよく作る料理を織り交ぜたお弁当を食べてもらい、若いお医者さんや遠方から来ているお医者さんに、この地域に愛着をもってもらいたいと思い取り組んでいます。

秋のお弁当差入れを行いました

日時:令和2年10月14日(水曜日)のお昼
メニュー:新米・十日町鐙坂産あいがも米ごはん、季節のかき揚げ、焼き鮭、モロッコ豆のごま和え、糸うりなます、キュウリたまり漬け、柿、梨

かき揚げを揚げていきます

 彩り鮮やかなかき揚げ、材料はさつまいも、玉ねぎ、パプリカ、モロッコ豆、干しエビです。
 大きさや色合いを考えながら、ひとつひとつ揚げていきます。

かき揚げを揚げています揚げる前のタネ揚げています揚がりました

 

そろったメニューを盛りつけます

焼き鮭
 焼き鮭は、どれも身が厚々としています。
 それをちょうどよく焼いているのが、さすがです。

 

 

 


 

モロッコ豆のごま和えなど


 モロッコ豆は味噌とごまがいい香りです。味はしっかり目で、ごはんにも合います。

 付け合わせのこんにゃくと車麩も味が染みていて美味しいです。

 

 

 

糸うりなますを盛り付けています
 糸うりの和風なますは、糸うりとにんじんがシャキシャキ。
 たっぷりのつゆに浸しているので、カップに入れて詰めていきます。

 

 

 

お弁当を詰めていきます1お弁当を詰めていきます2

ごはんは「あいがも米」です

ごはんを盛り付けています

 

 「あいがも米」は、合鴨を使った有機農法で育てたお米です。

 そして、ツヤツヤの新米に2種類のごはんのお供を添えました。
 ひとつ目は、辛みと旨みがたまらない、かぐら南蛮味噌。
 ふたつ目は、こちらも旨みがたっぷりの昆布と椎茸の佃煮です。

 

お弁当が完成しました

できあがったお弁当ごはん

かけ紙をかけたお弁当

 

 かけ紙は、今回も「トッキッキ」です。

 秋の味覚をトッキッキと一緒に楽しんでいただきたいと思います。
 (残念ながら、日本酒はありません。)

 

 ※「トッキッキ」は、「新潟県宣伝課長」に任命されている
  新潟県のご当地キャラクターです。
  男の子の「とっぴー」と女の子の「きっぴー」のペアで
  活動しています。

 

 

届けたお弁当の写真

 

 9月11日に全面開院した十日町病院へお弁当を届けました。(医局へのルートも変わったので、迷わないように案内図を見ながら行って来ました。)

 後日、先生方から「いつもありがとうございます」「とてもおいしかったです」「いつも大変楽しみにしております」など、嬉しいお言葉をいただきました。
 これからもそう言っていただけるお弁当をお届けしたいと思います。

 

「妻有の里 地域医療・地域ケアを支え隊」のページはこちらからご覧になれます

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ