ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 十日町地域振興局 健康福祉部 > 【十日町】熱中症にご注意ください

本文

【十日町】熱中症にご注意ください

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0181926 更新日:2020年5月28日更新
 
 例年、気温が高い日は、熱中症による救急搬送が多くなります。
 これからの時期、熱中症で救急搬送される方がみられ、なかでも高齢者の搬送が多い状況になります。
 また、新型コロナウイルス感染症予防のため、外出自粛やマスク着用での生活が続いており、外出の自粛で体が暑さに慣れていないこと、マスク着用により熱がこもりやすく喉の渇きが感じにくくなっていることで、熱中症のリスクが高まっています。例年以上に注意が必要です。

熱中症とは

 熱中症は、高温多湿の環境のもとで、体内の水分と塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かないことによって起こります。
 熱中症は、予防方法や対処方法を知っていれば防ぐことができます。

熱中症の症状

○めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い
○頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う
*重症になると、
○返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い

「新しい生活様式」における熱中症予防行動ポイント

 新型コロナウイルス感染防止の3つの基本である(1)身体的距離の確保、

(2)マスク着用、(3)手洗いや「3密(密集、密閉、密接)」を避ける 等の「新しい生活様式」が

求められています。

1.暑さを避けましょう!

 ・感染予防のため、換気扇や窓開放によって換気を確保する。

2.適宜マスクをはずしましょう!

 ・屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合は、マスクをはずす。

 ・マスクを着用しているときは負担のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分とった上で

  適宜マスクをはずして休憩する。木の下で男性が休憩している写真です。

3.こまめに水分補給しましょう!

 ・のどが渇く前に水分補給をする。

4.日頃から健康管理をしましょう!

 ・体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養する。

5.暑さに備えた体作りをしましょう!

 ・水分補給は忘れずに、無理のない範囲で適度に運動を行う。

 

従来からの熱中症予防行動も徹底しましょう

・暑さを避けましょう。女の子が熱中症で倒れている写真です。

・こまめに水分を補給しましょう。

・暑さに備えた体作りをしましょう。

 

詳しくは下記のリンクをご参照ください。

 

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ