ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > しごと > わくわくワークにいがたキャンペーンの“使い方”

本文

わくわくワークにいがたキャンペーンの“使い方”

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0317779 更新日:2020年10月1日更新

わくわくするくらい楽しい職場を実現するために、キャンペーンをご活用ください!

活用しよう ロゴ・グッズ よくある質問

↑上記をクリックすると各項目へ移動します。

キャンペーンを活用しよう!

■ あなたの職場でも、“はたらき方、一歩前へ”を意識してみませんか?

一歩前へオススメの取組

 

■ 他社の取組からヒントをもらおう!

ロゴ・グッズを使ってみよう!

■ キャンペーンロゴマークを使って参加・賛同をPRしてください!

ロゴマーク ロゴマーク(キャッチコピー入り)

次のいずれかに該当する場合は、キャンペーンのロゴマークをご使用いただけます。(申請・報告不要)

【 ロゴマーク使用条件 】

1. 新潟県働き方改革推進会議の構成団体が使用する場合
2. 新潟県内の地方公共団体が、「働きやすい職場づくり」を目的とした支援事業・イベント等を実施する際に使用する場合
3. キャンペーンの趣旨に賛同する企業・団体・労働者等が、キャンペーンへの参加をPRする目的で、名刺、配布物、公式ホームページ等に掲示する場合(商品への利用など、 営利を目的とする場合を除く)
4. 学校等が教育目的で使用する場合
5. 報道機関が報道目的で使用する場合

ロゴマークの使用にあたっては、「ロゴマーク使用規定」を守ってください。

【 ルールの概要 】

1. 必ず画像中のマークと文字を一体として使用する。
2. 縦横の比率を変えて拡大・縮小しない。
3. 別の部品や模様、記号等を書き加えたり、取り除いたりしない。(マ ークが判別できる範囲で背景を重ねることは可。)
4. 色を変えない。(単色での使用は可)

 

■ キャンペーングッズを使ってみよう!

 働きやすい職場づくりの取組にこんなグッズはいかがですか?

卓上宣言POP

社内掲示ポスター

よくある質問

Q なぜキャンペーンをするの?

 新潟県内には、働きやすい職場づくりに積極的に取り組む企業がたくさんあります。こうした企業の魅力や、そこで働く人の声を発信することで、もっと多くの人が「働き方」について考え、みんなで知恵を出し合い、工夫を凝らし、より働きやすい環境を目指して一歩前に踏み出すきっかけとなるよう、キャンペーンを実施することにしました。

Q 10月・11月をキャンペーン期間としたのはなぜ?

 この期間は、国が定めた「働き方」に関する啓発月間があるため、時期を合わせて実施することで、キャンぺーンの効果がより高まることを期待し、10月・11月の2か月間としました。
10月・・・年次有給休暇取得促進期間
11月・・・過労死等防止啓発月間

Q そもそも、なぜ働き方改革が必要なの?

 ワーク・ライフ・バランスの推進をはじめとする働き方改革は、働く人一人ひとりがやりがいを持って働き、充実した生活を送るために大切です。また、企業にとっても、人が集まり、働き続けてくれる職場となるため、そして生産性を上げていくために重要です。
新潟県が発行している冊子「WLB(ワーク・ライフ・バランス)基本の『き』」でも詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

Q 国や県の企業認定(登録)制度にはいろいろあるけど、どう違うの?

 「働きやすい職場づくり」に関する国や県の認定(登録)制度には、主にこんなものがあります。

 
認定・登録 マーク 概要

くるみん
プラチナくるみん

くるみん・プラチナくるみんマーク 仕事と子育ての両立支援の取組を進め、従業員の子育てをサポートする企業を認定する制度(厚生労働省)

えるぼし
プラチナえるぼし

えるぼし・プラチナえるぼしマーク 女性の活躍推進に関する取組状況が優良な企業を認定する制度(厚生労働省)
ユースエール ユースエールマーク 若者の採用・育成に積極的で、雇用管理が優良な中小企業を認定する制度 (厚生労働省)
ハッピー・パートナー企業 ハッピー・パートナー企業マーク 男女が共に働きやすい職場づくりに積極的に取り組む企業を登録する制度 (新潟県)
イクメン応援プラス認定 イクメン応援プラス認定企業マーク ハッピー・パートナー企業のうち、男性従業員が育児に参加しやすい職場づくりに積極的に取り組む企業に対する上乗せ認定制度(新潟県)
子育て応援プラス認定 ハッピー・パートナー企業のうち、仕事と子育ての両立支援に積極的な企業に対する上乗せ認定制度(新潟県)

Q 働く人個人にとって、仕事と暮らしの両立に役立つ情報はある?

 新潟県が発行している、仕事と育児・介護を両立するために使える制度をコンパクトにまとめた「仕事と育児・介護の両立のために」はいかがですか?
その他にも、父親向けに両立のコツを紹介する「これから新潟でパパになる方へ」や育児休業取得経験のある先輩パパたちの声をまとめた「先輩パパの育休体験記集」があります。

Q 企業・団体として「働きやすい職場づくり」に取り組むときに使える支援はある?

 新潟県では、それぞれの企業・団体の課題やビジョンに応じたコンサルティング支援を行うコーディネーターを派遣しているほか、職場での推進リーダーを養成するための実践講座を開催するなど、企業の課題や取組段階に応じた支援メニューをご用意しています。詳しくはこちら >> WLBに取り組む企業等への支援
 また、県内市町村が提供する主要な子育て支援サービスと各企業の支援制度をまとめて掲載できる企業向け「子育てサポート一覧フォーマット」もあります!

Q 新潟県内のワーク・ライフ・バランスの現状について、参考データはある?

 新潟県のホームページにて、ワーク・ライフ・バランスという切り口でまとめた様々な統計データを紹介しています。
 詳しくはこちら >> ワーク・ライフ・バランス推進関連の数値

関連リンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ