ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 【新発田】新型コロナ陽性者の方へ

本文

【新発田】新型コロナ陽性者の方へ

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0486179 更新日:2022年6月20日更新

1 保健所からの聞き取り調査について

 新型コロナウイルス感染症の検査で陽性となった場合には、適切な療養につなげるため、保健所から順番に電話連絡を行い、基礎情報や現在の体調などを電話でお聞きします。

 新発田保健所から電話があった際にはお出になるようお願いします。検査当日か翌日の午前中には連絡します。

 [主な聞き取り項目]

  • 氏名、年齢、住所、職業、連絡先などの基礎情報。身長、体重や介護度などの身体状況に係るもの。現在の症状の有無、既往症など。
  • 発症2日前の行動歴、同居家族の状況、濃厚接触者の有無、現在の体調の詳細、服薬状況など。

2 濃厚接触者への連絡のお願い

(1)同居家族等について

 同居家族に陽性者がいる場合、同居家族は一律濃厚接触者となります。外出中の場合はすぐに連絡を取り、ご自宅に戻るよう伝えてください。

 PCR検査の案内や待機期間などについて、保健所から別途連絡をいたします。

 新型コロナ陽性者の同居家族等の方への検査、健康観察については、次のページをご覧ください。

  【新発田】新型コロナ陽性者の同居家族等の方へ 

(2)その他の濃厚接触者について

 感染の可能性のある期間中において、下記の濃厚接触者に当てはまる方がいた場合、陽性者ご本人等から所属先(会社、学校・園、施設など)や該当される方への連絡をお願いします。

[感染の可能性のある期間] 

 有症状者の場合:症状が出た日の2日前から療養終了までの期間
 無症状者の場合:陽性となった検体を採取した日の2日前から療養終了までの期間
 (例)発症日(無症状者の場合は検体採取日)4月1日 → 3月30日から療養終了まで

[濃厚接触者の範囲]

 同居または長時間の接触があった。

 マスクを着用せず、1メートル以内の距離で15分以上の会話をした。

 (参考)濃厚接触の可能性が高い場面の例

  • 近距離で、飲食しながら会話をした
  • 休憩室や更衣室などでマスクをしないで会話をした
  • 喫煙所で、一緒に喫煙した
  • 近い座席で長時間を過ごした
  • 換気の悪い空間(車内等を含む)で長時間一緒に過ごした
  • 適切な感染防護(マスク着用など)なしに陽性者を看護もしくは介護をした
  • 陽性者の気道分泌液もしくは体液等に直接触れた可能性が高い

 濃厚接触者の方には原則7日間の自宅待機(不要不急の外出の自粛)と健康観察をお願いしてください。

 詳しくは次のページをご覧ください。

  新潟県ホームページ「濃厚接触者の定義に該当する方へ」

3 療養期間について

 保健所から連絡のあった療養期間に基づき療養をお願いします。

 症状(発熱、咳、咽頭痛等)がある場合、症状が出た日を0日として、10日間経過し、かつ症状軽快後72時間経過した時点で療養終了です。外出可能日は、11日目です。

 例)発症日4月1日 → 外出可能日4月12日

 症状がない場合、検査のために検体を採取した日を0日として、7日間無症状で経過した場合、7日目までが療養期間となります。

 外出可能日は、8日目です。10日目までは健康観察期間となります。

 例)検体採取日4月1日 → 外出可能日4月9日

 療養期間の最終日に保健所から連絡をします。

 症状に大きな変化がある際は、必要に応じて療養期間を延長していただく場合もあります。

 ※陰性を証明するための抗原検査やPCR検査は不要です。

4 療養中の生活について

  • 毎日検温などの健康観察をしてください。
  • 外出や周囲の方との接触は避けてください。
  • 感染拡大防止のため、陽性者ご本人は外出せず、自宅で過ごしてください。自宅内でも必要最小限の行動にとどめてください。
  • 外部からの不要不急の訪問者は受け入れないようにしてください。
  • 家庭内では分離ができる方は別室で生活し、空間的な分離ができない方はマスク着用、手指消毒、手洗いをし、物の共用は避けて過ごしてください。
  • 県医療調整本部自宅療養グループの健康観察に応答してください。電話でのやりとりまたはアプリ等で相互連絡し、必要に応じてオンライン診療が実施されます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。 新潟県ホームページ「ご自宅で安全にお過ごしいただくために」

 ※自宅療養グループから連絡が来るまでの間に体調に変化があった場合は新発田保健所(0254-26-9651)にご相談ください。

5 自宅療養証明書の発行について(希望される方)

 新発田保健所では自宅療養の最終日に電話で体調を確認し療養解除を指示しており、その際に自宅療養証明書の発行希望を確認して発送しております。

 上記以外で自宅療養証明書の発送を希望される方は、以下の電子申請によりお申し込みください。

 新発田保健所(管轄:新発田市、阿賀野市、胎内市、聖籠町)が療養解除を連絡した方以外の申請はお受けできません。
 お手数ですが、自宅療養又は療養解除を連絡した保健所にお問い合わせください。

 申請は必ず療養終了後に申し込みくださるようお願いいたします。

 ホテル療養された方は、県医療調整本部宿泊療養チーム(025-280-5457)にお問い合わせください。

 入院療養された方は、入院された医療機関にお問い合わせください。

 学校や会社等からの申請はお受けできません。学校や会社等におかれては、本人より証明書のコピーを提出してもらうなどの対応をお願いします。

  【新発田保健所専用】新型コロナ自宅療養証明書電子申請システム5<外部リンク>

 [証明する療養期間について]

 自宅療養の始期:新型コロナウイルス感染症の陽性が分かり、保健所から自宅療養を指示された日(医療機関又は大規模検査センター等で陽性が判明した日)

 自宅療養の終期:保健所から自宅療養の終了の連絡があった日

 例)発症日:4月1日 →保健所指示での療養開始:4月5日 → 保健所からの自宅療養終了連絡:4月11日

    自宅療養証明期間:4月5日から4月11日まで

 [申請について]

  • 感染者数の急増に伴い、お申し込みから発送まで3週間~1ヶ月程度お時間をいただいております。順番に作成し、郵送でお送りしますので、お待ちくださいますようお願いします。
  • お一人につき1枚の発行です。複数枚必要な場合、必要に応じてコピーを取るなどの対応をお願いします。
  • 同一住所のご家族であっても、陽性者お一人ごとに申請をお願いします。
  • 保険会社の様式での証明書発行は行っておりません。
  • インターネットでのお申し込みができない場合は新発田保健所(0254-26-9651)へお問い合わせください。

6 もしも自宅療養中に災害が発生したら

 自宅待機中は、感染拡大防止のため自宅内で過ごすようお願いをしていますが、地震や風水害などの自然災害が発生し、避難が必要になるかもしれません。

 避難の際は、下記のとおり対応くださるようお願いします。

災害時の避難先について

災害が発生した場合

 地震・津波、浸水など災害が発生し自宅が危険な場合は、

 迷わず最寄りの緊急避難所や避難先に避難して安全を確保してください。

事前に災害発生が予測される場合

 気象情報等により、事前に災害の発生が予測される場合には、

 レベル3の避難情報の発令前に、県医療調整本部、保健所又は市町村から避難先をご連絡します。

事前に連絡する避難先

 〇宿泊療養施設(ホテル):県医療調整本部より連絡

 〇市町村が指定する避難先:保健所又は市町村から連絡

 ※レベル3以上の避難情報が発令された時点で、上記避難先の連絡がない場合は、

 迷わず最寄りの避難所に避難してください。

災害時の避難についてのお問い合わせや御相談先

新発田保健所管内の市町村防災担当課一覧
お住いの市町村 市町村防災担当課 電話番号
新発田市 新発田市地域安全課 0254-28-9510
阿賀野市 阿賀野市危機管理課 0250-25-7194
胎内市 胎内市総務課 0254-43-6102
聖籠町 聖籠町生活環境課 0254-27-1962

災害時の避難行動について​

災害時の避難行動について

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ