ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 福祉保健部 生活衛生課 > 2019年度「動物ふれあい教室」開催のお知らせ   【動物愛護センター】

本文

2019年度「動物ふれあい教室」開催のお知らせ   【動物愛護センター】

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0057642 更新日:2019年8月25日更新

~ 参加を希望する小学校を募集しています ~

 新潟県動物愛護センターでは、当センターにおいて小学生を対象とした「動物ふれあい教室」を開催します。職員が子供たちに、ペットを取りまく現状や課題などについて説明します。また、動物の生理や習性などの正しい知識、動物とのふれあいの方法、飼い主の責任などについても説明します。その後、施設を案内し、犬や猫、ウサギやモルモットなどの身近な動物とのふれあいを体験してもらいます。
 この教室は、子供たちに動物に対する興味と関心を持ってもらうことを目的としており、教室での体験により、子供たちが動物にも同じ命があることに気づき、命の大切さにについて考える機会になればと願っています。
 なお、施設やスタッフの都合上、一度に対応できるのは2クラス(70名)までとなります。所要時間は60分~120分程度で要望により調整いたします。

動物ふれあい教室の内容

動物愛護センターの役割や動物とのつきあい方のお話しの画像

動物愛護センターの役割や動物とのつきあい方のお話し
動物愛護センターの役割や仕事、なぜセンターに動物がやってくるのか、その後どうなるのかを説明した上で、動物を飼う際の責任、正しい飼い方についてパンフレットを使って説明し、動物の命を守れるのは、飼い主だけであることなどを話します。学年に応じてお話しする内容も変わりますし、お話しする動物の種類も、学校側の要望にお応えします。

学校で飼っているウサギやモルモットの生態や正しいつきあい方の解説もしますの画像

学校で飼っているウサギやモルモットの生態や正しいつきあい方の解説もします

犬となかよくなる方法、犬に咬まれないための注意などのお話しもしますの画像

犬となかよくなる方法、犬に咬まれないための注意などのお話しもします


ウサギやモルモットとのふれあいの画像

ウサギやモルモットとのふれあい
ウサギやモルモットに実際に触れてもらい、命の暖かさを感じ取るプログラムです

ウサギを抱いてもらいますの画像

ウサギを抱いてもらいます

モルモットとふれあうこともできますの画像

モルモットとふれあうこともできます


犬となかよくなる方法の画像1

犬となかよくなる方法
一人ひとりから犬の飼い主にあいさつをしてふれあってもらいます。ボランティアさんが連れてきた様々な犬とふれあうことができます。

犬となかよくなる方法の画像2

犬となかよくなる方法の画像3


獣医さんへの質問タイムの画像1

獣医さんへの質問タイム
動物に関する質問に獣医師が答えるコーナーもあります。何でも質問してください。

獣医さんへの質問タイムの画像2

獣医さんへの質問タイムの画像3

館内の施設見学もしていただきますの画像

館内の施設見学もしていただきます

天気が良ければ芝生広場でお弁当を食べることもできますの画像

天気が良ければ芝生広場でお弁当を食べることもできます

申込方法

動物ふれあい教室の内容は、下記「実施要領」をご確認の上、「申込書」をFaxにより動物愛護センターにお知らせください。後日センターより担当者様にお電話を差し上げます。
ふれあい教室の内容は事前に打ち合わせをさせていただき、できる限り学校側の要望に沿うようにいたします。
多数の申込みをお待ちしております。


新潟県動物愛護センタートップへ戻る

🐾 このページに関するお問い合わせは

動物愛護センター
〒 940-2035 長岡市関原町1丁目2663-6
電話: 0258-21-5501
ファクシミリ: 0258-21-5502
電子メール: ngt040250@pref.niigata.lg.jp
このページに関するお問い合わせは<外部リンク>
このページはリンク自由です

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ