ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 三条地域振興局 地域振興担当 > 【三条】第128回にいがた県央マイスター塾(伝統的鍛冶技術体験コース)

本文

【三条】第128回にいがた県央マイスター塾(伝統的鍛冶技術体験コース)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0233652 更新日:2019年10月28日更新

伝統的鍛冶技術体験(アウトドアナイフづくり~オリジナルのナイフを作ろう~)

鍛冶

第128回にいがた県央マイスター塾(伝統的鍛冶技術体験コース)の様子です。

開催日 令和元年10月20日(日曜日)
会場 三条鍛冶道場(三条市元町)
講師 小林由夫マイスター(伝統的鍛冶技術(利器工匠具製造))
   日野浦司マイスター(伝統的鍛冶技術(鉈製造))
   飯塚時房マイスター(伝統的鍛冶技術(包丁製造))
   水野勲マイスター(伝統的鍛冶技術(鉞製造))
受講者 7名
カリキュラム

  1. 各種道具の使い方
  2. 鍛冶の火造り作業
  3. グラインダーによるナイフの荒削り成形
  4. ヤスリによるナイフの仕上げ研磨
  5. コークス炉による刀身の焼入
  6. 焼戻しと刃付け作業
  7. 砥石による刃研ぎと仕上げ

鍛冶    鍛冶 
最初は座学。小林マイスターによる材料の説明    作業場で材料の持ち方と打ち方を教わる。

 

鍛冶    鍛冶 

灼熱の材料を打つ、打つ、打つ。           火花を散らしながらグラインダーで削る。

 

鍛冶    鍛冶

磨きの前に、マイスターによる微調整           まずは、グラインダーで研ぐ。

 

鍛冶    鍛冶
手を切らないように注意しながら砥石で研ぐ。      できあがり。完成したナイフ

 

受講者の感想

  • 「鍛接(地金に鋼を付けること)からやってみたい。」
  • 「柄をつけたい。」など

にいがた県央マイスター塾のページへ

このページはリンク自由です

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ