ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 三条地域振興局 企画振興部 > 【三条】平成30年度 地域活性化モデル事業の紹介

本文

【三条】平成30年度 地域活性化モデル事業の紹介

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0181731 更新日:2019年8月3日更新

<人口減少対策>

人口減少問題意識醸成促進事業

□ 実施目的
 人口減少問題の重要性に関する理解促進を通じて、県央地域の若者が人口減少問題を主体的に捉えるとともに、地域での生活の魅力等を周知することにより、若者の地域への定着やUターンの促進を図る。
□ 事業内容
 若者の人口減少問題や郷土への関心を高めることを目的とした啓発用リーフレット「地元で働く。」を3,000部制作


〈一般分〉

大学と地域の協働による観光活性化モデル事業

□ 実施目的
 加茂市にある新潟経営大学と地域(振興局、管内市町村、観光協会、商工団体等)との連携により、地域を担う人材の育成及び観光を通じた地域活性化を図る。
□ 事業内容
 ○表参道・新潟館ネスパスでの地域Prイベントの実施(9月13日(木曜日)~14日(金曜日))
  加茂市のまちおこしグルメ「マカロニチップス」の試食販売、にいがた県央マイスターの指導によるものづくり体験、マイスター製品の販売 等
 ○公開講座「観光による地域の活性化 ~「加茂農泊推進協議会」の取組事例に焦点を当て~」の開催
  平成31年2月14日(木曜日)に燕三条地場産業振興センターにおいて開催しました。 新潟経営大学との連携【平成30年度の活動】


<特別枠・大学連携>

【三条市】八十里越開通後の産業振興等のための基礎調査

□ 実施目的
 国道289号八十里越開通を見据え、福島県只見町等との連携関係の構築や産業振興施策の立案、また各企業における経営戦略策定の際の基礎資料とするため三条市が実施する調査に対して支援する。
□ 事業内容
 次の(1)、(2)について三条市が新潟大学に委託して事業を実施しました。
(1) 企業間連携の調査研究業務
(2) 人材確保の調査研究業務
・ 既存データによる研究分析
・ アンケート調査の実施((2)に関連し、会津工業高校、只見高校を対象に実施)
・ ヒアリング調査の実施((1)に関連し、個別企業(林精器)や産業振興組織(会津産業ネットワークフォーラム(ANF)、白河素形材ヴァレー、会津UV 漆グループ(AUJ)、関西ネットワークシステム(KNS)、土佐まるごと社中(TMS))などへの聞き取りを実施)
・ 調査結果に基づく分析
※上記調査研究、分析結果、調査結果を踏まえた産業振興施策の提案等を報告書にまとめ、事業終了後に提出

【三条市】公共施設の跡地等の有効活用に向けた企画提案

□ 実施目的
 三条市が推進するスマートウェルネスの一環として実施する高齢者等が自ら外出したくなる環境整備の取組に対して支援する。
□ 事業内容
 新潟大学の学生から三条市に対して、地域環境の向上等に資する公共空間の活用方策(資材置き場のデザイン、空間デザイン)について提案がされました。

【燕市】まちなか資源再発掘事業

□ 実施目的
 燕市が実施するまちなかの空き家・空き店舗・空き地の活用による生活環境の創出に向けたまちづくりに対して支援する。
□ 事業内容
 まちあるき、周辺調査、社会実験案検討、社会実験実施、再検討を、新潟大学工学部都市計画研究室と連携し、民間と一緒に繰り返し行うことで、不動産情報や地域活動の担い手、問題意識をもった人材などをはじめとした、地域活性化に関する情報の収集を行いました。

【燕市】自殺対策計画の策定

□ 実施目的
 燕市の自殺の実態把握や課題解決に向けた分析を深め、課題を明確化し、自殺対策を総合的かつ効果的に推進していくための自殺対策計画を策定することを支援する。
□ 事業内容
 次の業務を燕市が新潟大学に委託して事業を実施しました。
・燕市の自殺対策に関する実態分析指導
・燕市自殺対策計画策定に関する指導・助言
・燕市自殺対策計画策定委員会の運営(3回)
・燕市自殺対策計画の冊子製本


三条地域振興局トップへ 企画振興部トップへ

◇このページに関するお問い合わせは

三条地域振興局企画振興部
〒  955-0046  三条市興野1丁目13番45号 
電話:  0256-36-2202  ファクシミリ: 0256-32-5882 
電子メール:  ngt112410@pref.niigata.lg.jp

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ