ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 産業労働部 産業振興課 > 工業技術総合研究所でメール誤送信による企業情報等の流出がありました(第二報(最終報))

本文

工業技術総合研究所でメール誤送信による企業情報等の流出がありました(第二報(最終報))

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0181714 更新日:2019年8月3日更新

工業技術総合研究所でメール誤送信による企業情報等の流出がありました(第二報(最終報))

 工業技術総合研究所下越技術支援センターにおいて、誤ったメールアドレスにメール送信したため、依頼試験項目、試験条件等の情報が流出しました。
今後、同様の事案が発生しないよう、対策を速やかに実施します。

【概要】
1 流出・発覚日時
  令和元年5月28日(火) 午後7時30分頃

2 事案概要
  ・依頼試験の受付確認に当たり、依頼試験項目、試験条件等の情報を、別企業社員の個人メールに誤送信
  ・誤送信直後、送信した担当職員が気づき発覚

 3 流出した情報
  ・試験を依頼した企業の名称
  ・担当者名(1名分)
  ・依頼試験項目
  ・試験条件

 4 対応状況
  ・関係企業には、電話で経緯を説明の上で謝罪し、了承いただきました。
  ・誤送信した相手方に対しては、謝罪の上メールを削除していただきました。

5 再発防止策
  ・再発防止策として、以下の取組を行います。
  ア 外部へのメール送信時の「チェックリスト」を作成、総研の全職員に配付し、事前チェックを徹底
  イ 情報セキュリティに関する教育の徹底
報道発表資料(PDF形式  77 キロバイト)
◇このページに関するお問い合わせは 産業振興課
〒  950-8570  新潟市中央区新光町4番地1 
電話:  025-280-5718  ファクシミリ: 025-280-5508 
このページに関するお問い合わせは<外部リンク>
このページの先頭へ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ