ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 産業労働部 産業政策課 > アメリカからバイヤーを招へいし、県内企業との個別・合同商談を実施します

本文

アメリカからバイヤーを招へいし、県内企業との個別・合同商談を実施します

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0181705 更新日:2019年7月19日更新
 新潟県産の食品及び食材の輸出拡大を図るため、アメリカから食品関連の有力バイヤーを招いての県内企業との個別・合同商談を実施します。
 バイヤー自らが県内各地の生産現場に赴いて、視察・商談することにより、新潟の豊かな食文化、生産者の思いなど商品に宿るストーリーを体感していただきます。
 また、より多くの県内企業に商談の機会を提供するため、最終日には新潟市内の会場にて、個別商談参加企業以外を対象とした合同商談会を実施します。
報道発表資料(PDF形式  184 キロバイト)

1 実施時期

令和元年7月23日(火)~26日(金)

2 来県するバイヤー

               氏 名         役 職               所 属                 備 考
アリソン・クネッカ氏 食品開発部
部長
ウィリアムズ・ソノマ 全米に約260店舗の食品等小売店を展開
アルヴァ―ロ ムニョス・ハニバール氏 副料理長 グラマシー・タバーン NY屈指のレストラン
グループの代表店
リリ・ダガン氏 カリナリー・
マネージャー
ブルーエプロン ミールキットのパイオニアかつ業界最大手企業
プレストン・クラーク氏 料理長 ルアー・フィッシュバー NY有数の高級シーフードレストラン
トニー・キム氏 料理長 モモフク・ヌードル・
バー
NYにおけるラーメン
ブームの火付け役

3 日程

            日 付                                       訪 問 予 定 先 
        7月23日(火) 午前:新潟冷蔵(株)、(株)新潟農商、(株)ウオショク
午後:魚沼の里(八海醸造(株)、(有)魚沼新潟物産)
        7月24日(水) 午前:(株)ホクショク、吉乃川(株)
午後:(有)たちばな、(株)ごはん、(有)かんずり
        7月25日(木) 午前:(株)能水商店、(株)よしかわ杜氏の郷
午後:越つかの酒造(株)、新発田市内の圃場施設
        7月26日(金) 午前:(株)ライスグローワーズ
午後:合同商談会  (会場:新潟第一ホテル / 参加予定企業数:12社)

4 問い合わせ先

産業政策課 国際経済グループ
担当:吉田、平山
電話:025-280-5147 ◇このページに関するお問い合わせは 産業政策課
〒  950-8570  新潟市中央区新光町4番地1 
電話:  025-280-5232  ファクシミリ: 025-285-3783 
このページの先頭へ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ