ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 【佐渡】農作業中の熱中症に注意しましょう!

本文

【佐渡】農作業中の熱中症に注意しましょう!

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0288745 更新日:2020年6月11日更新

暑い季節の農作業において心掛けること

これからの季節は熱中症のリスクが高まります。

熱中症による死亡者が増え始める最高気温30℃を超えない日であっても、暑さに慣れていない時期や、ビニールハウス内などでは死亡事故が発生しています。

農作業を行う際は次のことを心がけ、熱中症を予防しましょう。

 

 1.日中の気温の高い時間帯を外して作業を行いましょう

 2.作業前・作業中の水分補給、こまめな休憩をとりましょう

 3.熱中症予防グッズ(帽子、吸汗速乾性素材の衣服、送風機など)を活用しましょう

 4.単独作業を避けましょう

 5.高温多湿の環境を避けましょう
 

参考情報(外部リンク)

・農作業安全対策全般について(農林水産省)

http://www.maff.go.jp/j/seisan/sien/sizai/s_kikaika/anzen/index.html#necchuushou<外部リンク>

・熱中症予防情報サイト(環境省)

http://www.wbgt.env.go.jp/<外部リンク>

・熱中症関連情報(厚生労働省)

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/nettyuu/<外部リンク>

・熱中症から身を守るために(気象庁)

http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kurashi/netsu.html<外部リンク>
 

【注目】 「新しい生活様式」における農作業中の熱中症予防行動のポイント

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「新しい生活様式」の実践が求められている中で、マスクを着用する場面が多くなっています。このような環境下において、農作業中に特に気をつけていただきたいポイントをまとめました。
 

 ○屋外やハウスで人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し
     マスクをはずす。

 ○マスクを着用している場合には、強い負荷の作業などは避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を
   心掛ける。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、適宜、マスクをはずして休憩することも必要。

 ○冷房時でも換気扇や窓開放によって換気が必要。この場合、室内温度が高くなるので熱中症予防のために
   エアコンの温度設定をこまめに調整する。

 

詳細については以下のホームページをご覧ください。

 ・「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント(厚生労働省)

 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_coronanettyuu.html<外部リンク>

 

 

 

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ