ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 分類でさがす > まちづくり・地域づくり > 建設・まちづくり > 【流域下水】令和元年 新潟県立県央工業高校で出前講座を行いました

本文

【流域下水】令和元年 新潟県立県央工業高校で出前講座を行いました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0233979 更新日:2019年11月15日更新

 流域下水道事務所は、令和元年9月27日、三条市の新潟県立県央工業高等学校で出前講座を行いました。
 下水道の役割や下水道施設の維持管理・地震対策、下水処理場での仕事内容について紹介しました。
 また、簡単な実験を行って下水処理のしくみについて学んだり、簡易検査の実験を行い下水道事業への理解を深めていただきました。

 

下水道の仕組みを学んでもらいました。

【座学】 下水水処理の仕組を説明

下水が汚泥(微生物)により浄化される仕組みを学んでもらいました。

 

 

下水道の仕組みを学んでもらいました
【座学】耐震対策の説明

中越地震を受け、耐震対策の取組み内容を学んでもらいました。

 

 

【実験】水質簡易検査を体験しています。
【座学】実験の様子

これから行う実験の説明を行っています。

 

【実験】実験状況

【実験】実験の様子

 

簡易な水質試験など2種類の実験を行い、水質管理について学びました。

 

 

 

 新潟県立県央工業高等学校都市防災コース2年生のみなさん、協力してくださった先生方・(公財)新潟県下水道公社の皆様、ありがとうございました。

 

 

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ