ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > エネルギー・情報化 > 【上越】夏休み施設見学会を開催しました(平成30年度)

本文

【上越】夏休み施設見学会を開催しました(平成30年度)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0055872 更新日:2019年3月28日更新

発電所、浄水場の見学会を開催

 平成30年8月4日(土曜日)、新潟県高田・新高田発電所と、上越市城山浄水場の合同見学会を開催し、13名の方から参加していただきました。
 この2つの施設は同じ水源の水を使用して、それぞれ電力と飲料水を作り出しています。その施設を見学していただくことで、水の大切さや自然環境への理解を深めるきっかけにしていただきました。
 参加された皆様からは、「自由研究に役立つ内容だった」「発電所の中を初めて見て、いろいろなことを知ることができた」とご好評いただきました。

高田・新高田発電所

ミニ水力発電機でLEDを点灯します
ミニ水力発電機でLEDを点灯

 発電所では、最初にパネルと水車発電機の模型を使って、水力発電所について説明をしました。
 模型は、銅線を巻いたコイルと棒磁石を使ってLEDを点灯させる「発電原理実験機」と、水で水車を回して発電機を動かしてLEDを点灯させる「ミニ水力発電機」を使いました。

配電盤室を見学の画像
配電盤室を見学

 この発電所は、通常時は無人で、新潟県発電管理センター(村上市)からの遠方制御で運転していますが、この配電盤からも発電機を直接運転することができます。

高田発電機を見学の画像
高田発電機を見学

 高田発電機です。写真で見えているのはカバーで、この中に発電機が入っています。危険なので中に入ることはできません。高さは3.3mです。

水車室を見学の画像
水車室を見学

 水車室です。写真中央に写っている太い銀色の軸が、発電機と水車をつなぐ主軸で、発電中は1分間に600回転します。

上越市城山浄水場

城山浄水場を見学
城山浄水場

 城山浄水場では水道水ができるしくみについて、説明をしました。

最後に

 今回の見学会にご参加いただいた皆様、暑い中ありがとうございました。
 今後もこのような機会を設けて、広く県民の皆様から電気、水道事業に一層のご理解をいただけるようにいたします。
 なお、施設見学は随時受け付けていますので、ご希望の方は上越利水事務所(025-524-4101)にお問い合わせください。

上越利水事務所トップページへ

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ