ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 視察等の受入れについて

本文

視察等の受入れについて

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0397967 更新日:2021年5月27日更新

視察、研修等のお申込み

視察等の受入につきまして

 新型コロナウイルス感染防止の観点から、現在、農業総合研究所では視察・参観の受入を原則中止しております。
 ただし、中山間地農業技術センターでは、県内の農業者やその指導者及び後継者が、平成元年7月に策定された「新潟県園芸振興基本戦略」に基づき、県の喫緊の課題である園芸生産の導入や拡大を図るため、技術習得や企画開発に関わる明確な目的と必要性がある場合は、研究体制を堅持しつつ、感染リスクを最小限に抑えながら、下記により研修に限り受け入れることとします。
 なお、新型コロナウイルス感染症の発生状況により、申込み受付後に受入を中止することもあります。

研修受入の基本的な考え方

基本方針

○ 必要性や代替手段の有無、研修実施元の地域の感染状況等を考慮し、実施の是非を判断してください(一般参観は受け入れません)。

○ 参加者数は研修目的を踏まえて効果的な人選を行い、引率者等を含め必要最小限としてください。

○ 研修時及び移動の際は、「新しい生活様式」を踏まえ感染防止のための行動を徹底してください。

受入対象者および条件

 園芸生産の導入や拡大のための技術修得や企画開発など明確な目的を持った農業者やその指導者及び後継者、農業関係機関・団体の職員及び農業関係教育機関の学生

 県内在住者に限る。(ただし、来訪日の2週間以内に県外との往来がある者を除く。)

受入日及び時間

 月曜日から金曜日まで。ただし、祝祭日や年末年始の閉庁日を除きます。

 午前9時から正午、午後1時から4時までの間。

研修の方法

 1.研修参加者は、研修実施2週間前~当日まで新型コロナウイルス感染症対策を実施し、検温や体調のチェックを行ってください。
 2.参加者名簿を研修当日に記入いただき、発熱又は風邪の症状など体調不良がある者や「感染リスクが高い行動」をとった者は受け入れいたしません。なお、新型コロナウイルス感染症対策については、内閣官房特設サイトを参照ください。
 3.参加者全員が必ずマスクを持参し着用してください。
 4.アルコール等消毒液を持参していただき、自家用車や借り上げバス等の降車時に必ず全員が手指消毒を実施してください。
 5.説明は屋外のほ場や3密を回避した施設(温室等)内で行います。荒天の場合でも屋内での説明はいたしません。
 6.研修終了後14日以内に、参加者に新型コロナウイルス感染症が疑われた場合は直ちにご連絡ください。

申込方法

1 事前申し込み

 研修実施日の1か月までに電話またはメールで事前に申し込みして日時等を調整してください。メールの場合は、件名に【研修希望】と明記して、申込者名、住所、電話番号をお知らせください。折り返し、ご連絡します。

2 研修依頼文書の提出

 当センター長宛ての任意の様式で研修実施日の2週間前までに、研修目的、日時、研修者数、研修内容を記入した依頼文書をFaxまたはメールで提出してください。メールの場合は、件名に【研修申込】と明記してください
<外部リンク> 県公式SNS一覧へ