ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 新潟地域振興局 地域整備部 > 【新潟】「通船川・栗ノ木川(つうくり)川柳コンテスト」を実施しました

本文

【新潟】「通船川・栗ノ木川(つうくり)川柳コンテスト」を実施しました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0054750 更新日:2016年3月31日更新

つうくり川柳を募集しました

 「通船川・栗ノ木川下流沿川まちづくりの会」(事務局:新潟地域振興局地域整備部)は、沿川住民、企業、行政などで構成する団体であり、2つの川沿いのまちづくりを考えることを主な目的として活動しています。
 このたび、川に親しんでもらう契機とするため、3月12日(土曜日)に開催した同会のイベントに合わせて、沿川小・中学校、地域住民及び企業従業員を対象に川への想いや思い出を詠んだ川柳を募集しました。

入賞作品を表彰しました

 沿川の方々から400句以上の応募をいただき、厳正な審査の結果、以下のとおり入賞作品50句を決定し、上位4句を3月12日に開催した同会のイベントで表彰しました。

  • 【ぬったり賞】 桜舞う栗ノ木川に太鼓の音 (沼垂小学校)
  • 【つうせん賞】 未来にはおよげる川にしてみたい (東山の下小学校)
  • 【くりのき賞】 栗ノ木はみんなの笑顔を運ぶ川 (東新潟中学校)
  • 【ちいき賞】 亀田郷語る栗の木川がある (地域住民)

〔川合笑迷さん(選者・柳都にいがた川柳会会長)の講評〕
 最初はどのくらい集まるか心配していました。結果として400以上の句が集まり、その中から入賞作品50句を選ぶのは大変でした。
 川が汚い、ゴミが多いという句が多い中、将来を期待させる明るい句を選びました。
 学校や地域住民から良い句が集まったので、よかったと思います。

講評の様子の画像
講評の様子

表彰式の様子の画像
表彰式の様子

奨励賞(沼垂小学校)

  • なりたいな人があつまる栗ノ木川
  • 栗ノ木川魚がいっぱい自然もね
  • 鯉やカメ栗の木川は宝庫だな
  • 守ります栗ノ木川を沼垂小

奨励賞(東山の下小学校)

  • いつの日か通船川は夢の川
  • 通船川未来の姿を描こうよ
  • 将来はとうめいな川通船川
  • 未来にはもっと役立つ通船川
  • 通船川3Kなんて言わせない
  • ポイすては通船川が悲しむよ
  • つうせん川植物魚たくさんだ

奨励賞(東新潟中学校)

  • 栗ノ木川ホッと一息いこいの場
  • さんぽはね栗ノ木川できまりだよ
  • 朝通う栗の木川はきれいだな
  • 見てみたい桜と共に澄んだ川
  • 栗ノ木川キレイになる日はくるのかな

奨励賞(地域住民)

つうくりは人工川と孫に説く

佳作(沼垂小学校)

  • いにしえの努力がつまるつうくり川
  • 世界一きれいな川になるように
  • 友達と栗ノ木川で大はしゃぎ
  • 人の手できれいにしようつうくりを
  • みつけたよ栗ノ木川でタンポポを
  • 五年後もきれいでいてね栗ノ木川
  • 文化祭絵をかいた場所栗ノ木川
  • つうくりがきれいになって笑ってる

佳作(東山の下小学校)

  • 子どもたちわいわいはしゃぐそんな川
  • 通船川魚や自然もどるかな
  • 通船のお魚たちの大行列
  • 通船川きれいにすればよろこぶよ
  • 通船川きれいになったむかしより
  • 通船川きれいな川をめざすんだ
  • ゴミすてる通船川が泣いている
  • 川たちは昔があって今がある
  • 生き物は24種類びっくりだ
  • 川の中まだ見ぬ魚居るのかな
  • みんなでね2つのかわをまもろうよ

佳作(東新潟中学校)

  • 栗ノ木川自然たくさん良い川だ
  • 二つの川未来の姿楽しみだ
  • 春になり桜祭りを楽しみに
  • 栗ノ木川春になったら花の川
  • 栗ノ木の透明度もっと上げようぜ
  • そのゴミを栗ノ木川にすてないで
  • 栗ノ木よきれいな姿とりもどせ
  • あの頃よ楽しかったな魚釣り

佳作(地域住民)

  • 川に住む鴨の家族にマイナンバー
  • シジミ採る通船川がなつかしく

(注)氏名など個人情報は非公表としています。
 審査に関する個別のお問い合わせにはご回答しかねますので、ご了解願います。

つうくり川柳コンテストを終えて

 今回初めて、通船川・栗ノ木川への周辺住民の想いを「川柳」という形で募集したところ、多数の皆様からご応募いただき大変ありがとうございました。多方面の方々にご心配をおかけしましたが、学校など関係者の力強い協力もあり、沢山の応募をいただけたことに感謝申し上げます。
 また、表彰式に参加いただいた4名の方々には、土曜日にも関わらず会場に足を運んでいただきありがとうございました。加えて、入賞された方々、おめでとうございました。
 「川柳」は日ごろの想いを五・七・五の音であらわし、特別な制約がないのが特徴です。
 次回、同様の企画がありましたら、多くの皆様から応募いただけるようお願いします。

つうくり川柳コンテストを終えての画像

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ