ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 新潟地域振興局 企画振興部 > 新潟労働相談所 0250-23-6110(相談専用電話)

本文

新潟労働相談所 0250-23-6110(相談専用電話)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0111113 更新日:2022年4月15日更新

当相談所は新潟県の機関として、労働問題や労使関係でお困りの方のため、「労働相談・情報提供」を通じた問題解決の手助けを行っています。

労働相談(概要) ※労働の「困った」を整理し、解決策を考えます  ※「労働相談(詳細)」はこちら

【お知らせ】

[1]県が「休日労働相談会」(電話又は面談,社労士等が対応)を開催します
日時 6月19日(日)13時00分~16時30分
場所 新潟地域振興局(新潟市秋葉区新津4524-1)
窓口 0250-23-6110(新潟労働相談所 (新潟地域振興局内) )
備考 面談(対面又はオンライン)は事前予約をお願いします
          電話番号や事前予約など相談会の詳細はこちら [PDFファイル/505KB]

[2]新型コロナウイルス感染症への対応に関する助成金等の問い合わせ先など
次の厚生労働省のサイト内で内容確認ができます。

■小学校休業等対応助成金(事業主向け)<外部リンク>
新型コロナウイルス感染症に関する対応として、ガイドラインなどに基づき臨時休業などをした小学校などに通う子ども等の世話を保護者として行うことが必要となった労働者に対し、有給(賃金全額支給)の休暇(労働基準法上の年次有給休暇を除く)を取得させた事業主を支援
---
(電話問い合わせ)0120-60-3999 雇用調整助成金、産業雇用安定助成金、小学校休業等対応助成金・支援金コールセンター

■小学校休業等対応支援金(委託を受けて個人で仕事をする方向け)<外部リンク>
新型コロナウイルス感染症に関する対応として、臨時休業などをした小学校などに通う子ども等の世話を保護者として行うことが必要となったため、契約した仕事ができなくなった、個人で仕事をする保護者を支援
---
(電話問い合わせ)0120-60-3999 雇用調整助成金、産業雇用安定助成金、小学校休業等対応助成金・支援金コールセンター

■雇用調整助成金(事業主向け)<外部リンク>
新型コロナウイルス感染症の影響により「事業活動の縮小」を余儀なくされた場合に、従業員の雇用維持を図るために、「労使間の協定」に基づき「雇用調整(休業)」を実施する事業主に対して、休業手当などの一部を助成
(電話問い合わせ)ハローワークなど [PDFファイル/105KB]

■新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金(労働者向け)<外部リンク>
新型コロナウイルス感染症及びそのまん延防止の措置の影響により休業させられた労働者のうち、休業手当の支払いを受けることができなかった方に対し、当該労働者の申請により支援金・給付金を支給
(電話問い合わせ)0120-221-276 新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金コールセンター

(助成金以外のご相談等やQ&Aはこちら(新潟労働局HP内のまとめページ))<外部リンク>

[3]厚生労働省の啓発資料「カスタマーハラスメント対策企業マニュアル」
顧客等からの著しい迷惑行為、いわゆるカスタマーハラスメントについて、その防止に向けた厚生労働省の啓発資料等をご案内します(こちらの「県しごと定住促進課」のホームページをご覧ください)

 

【新潟労働相談所への連絡、主な相談など】

0421-10   (所在)新潟地域振興局(新津庁舎)(新潟市秋葉区新津4524-1)(地図)

    roudou                  

労働者・使用者を問わず、労働全般に関する相談に、職員が、電話又は面談(面談要予約)により対応します。相談は無料、秘密は固く守られます(お名前や会社名は原則、不要です)。なお、相談の内容によっては、国(労働局)など他の機関を案内することがあります。
---
[専用電話]0250-23-6110
[時間]月曜日~金曜日 9時00分~17時00分(祝日、年末年始(12月29日~1月3日)を除く)

 

新潟労働相談所の労働相談の概要は次のとおりです。こちらの「労働相談(詳細)」では、より詳しい内容をご覧いただけます) 

【いじめ・嫌がらせ、パワハラなど】
(相談)上司から周囲に人がいる中で大声で何度も叱られた / 職場の同僚(部下)から嫌がらせを受けている
(回答)事情を詳しく伺い、いわゆるパワハラの定義や例について説明します。

(注1)パワハラの具体例は次のとおりです(令和2年1月15日厚生労働省告示第5号)
---
・身体的な攻撃(暴行・障害)
・精神的な攻撃(脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言)
・人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
・過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制・仕事の妨害)
・過小な要求(業務上の合理性なく能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
・個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)

(注2)相談内容により国(労働局)などを案内します。例えば労働局の対応は次のとおりです。
(新潟労働局報道資料「令和2年度個別労働紛争解決制度の施行状況」(R3/7/9)掲載の事例)
---
労働局は、会社に対し、
・「職場の責任者である所長からの暴言・叱責等」という複数社員から労働局への申出の内容、
・会社の職場環境配慮義務・責任、
について説明し、話し合いを促す助言を行った。
労働局の助言・指導の結果、会社から所長に対する事実確認を行い、会社の責任で適切に対処するとの回答があった。その後、会社の対応により、職場環境の改善に関する複数社員の希望が全て認められることとなった。

【賃金】
(相談)一方的に賃金が減らされた。
(回答)事情を詳しく伺い、「労働条件の変更」の条件が満たされているか確認します。

(相談)実際に残業したのに残業代を払ってもらえない
(回答)出退勤の管理や残業の社内ルール(命令・申請・報告)などの事情を詳しく伺い、未払いの内容の整理についてお話します。

(注)相談内容により国(労働局)などを案内します。例えば一方的に賃金が減らされたことについての労働局の対応は次のとおりです。
(厚生労働省報道資料「令和元年度個別労働紛争解決制度の施行状況」(R2/7/1)掲載の事例)
---
労働局は、会社に対し、
賃金の引下げ(数十年勤務している社員に対し、特段の理由なく、基本給の減額及び諸手当の廃止を提案し、合意なく減額等を行ったこと)について、労働者の合意なく一方的に変更することは労働契約法第8条に抵触する可能性がある旨を説明し、社員とよく話し合うよう助言した。
労働局の助言に基づき、話し合いが行われ、賃金の引下げが撤回されて従来どおりの労働条件で働くこととなった。

【年休(年次有給休暇)など】
(相談)年休を認めてもらえない。
(回答)「年休の取得には使用者の承諾は不要」、「使用者には時季変更権あり」などを説明します。

(相談)勤続○年だが、何日、年休がもらえるのか。
(回答)継続勤務年数や週所定労働日数などによって年休の日数が異なることなどを説明します。

(注)労働局又は労働基準監督署に対して、次のような助言を会社に行うようお願いすることができます。
(長野労働局HP「年次有給休暇に関する相談」、鳥取労働局資料「(平成25年度)個別労働紛争解決制度の運用状況」等)
---
・「社員から年休の請求があったが、社内に年休の制度がないので、会社としてこれを認めない」とすることはできない
・「退職予定の社員から退職までの期間において年休の請求があったが、会社として時季変更権を行使してこれを認めない」とすることはできない

【解雇】
(相談)一方的に「明日から来なくていい」と言われた。解雇されたことになるのか。
(回答)具体的な事情を伺って「明日から来なくていい」の意味が何か(解雇、退職勧奨、反省を促す指導など)を整理します。その上で、例えば解雇であれば、「(解雇は)客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は無効」などと説明します。

(注)相談内容により国(労働局)などを案内します。例えば労働局の対応は次のとおりです。
(厚生労働省報道資料「平成30年度個別労働紛争解決制度の施行状況」(R1/6/16)掲載の事例)
---
労働局は、会社に対し、
入社後約3か月が経過した社員に対し「会社に合わないため来月末で辞めてくれ」と解雇予告を行ったことについて、労働契約法第16条において、当該解雇が客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、権利濫用として無効になることを説明し、法令に沿った解決に向けて話し合うなどの対応をとるよう助言した。
労働局の助言に基づき、話し合いが行われ、解雇予告が撤回されて業務状況を踏まえて配置転換した上で継続勤務することとなった。

【退職】
(相談)退職の申出を認めてもらえない(辞めさせてもらえない、退職届を受け取ってもらえない)。
(回答)期間の定めのない雇用契約の場合は「申入」と「一定期間経過」により会社の承諾がなくても契約終了、などを説明します。

(注)相談内容により国(労働局)への相談などを案内します。例えば労働局の対応は次のとおりです。
(厚生労働省報道資料「平成30年度個別労働紛争解決制度の施行状況」(R1/6/16)掲載の事例)
---
労働局は、会社に対して、
・退職を申し出た社員は、会社の規程に基づき退職の意思表示を行った上で退職届を提出していること、
・過度の引き留めは適当ではないこと、
・解約の申入れから2週間を経過することによって雇用は終了するという民法第627条第1項等の規定、
について説明し、法令等に沿った解決に向けて社員と話し合うよう助言した。
労働局の助言に基づき、話し合いが行われ、社員の希望どおりの退職日とすることとなった。

【退職した後】
(相談)会社の働きかけに応じて退職したが、離職票では理由が「個人的な事情」とされていた。
(回答)「離職理由が違う」事情をハローワークに伝えることなどについて説明します。

※「どこに相談したよいか分からない」ときの相談も、当相談所で承ります。

※新潟労働相談所の所在はこちらです(新潟市秋葉区 新潟地域振興局企画振興部内 (図の「Ⓐ新潟地域振興局(1階)」)

弁護士の労働相談 ※法律的な専門知識が必要な相談に対応します

 新潟地域振興局新津庁舎内において、無料で弁護士のアドバイスを受けることができます(原則、第3木曜日午後。電話0250-23-6110で予約をお願いします。なお、日程が合わない場合、県弁護士会や市町村などが行う弁護士相談をご案内します)。
---
当面の日程は次のとおりです(5月19日17時00分現在)。
6月16日(木)13時30分~14時15分(予約なし)、14時15分~15時00分(予約なし)
7月21日(木)13時30分~14時15分(予約なし)、14時15分~15時00分(予約なし)
8月17日(水)13時30分~14時15分(予約なし)、14時15分~15時00分(予約なし)※18日(木)ではなく17日(水)です

社会保険労務士のアドバイス ※規程改正や助成金活用など(アドバイザー派遣)

 中小企業の労務管理改善等に向け、派遣された社会保険労務士のアドバイスを無料で受けることできます(原則1回派遣、要事前申込、「0250-23-6110」へご連絡ください)。

(詳しい申込などはこちら)

産業カウンセラー ※産業カウンセラーによるカウンセリングを受けることができます

 職場の人間関係の悩みなどについて、産業カウンセラーによるカウンセリングを受けることができます(原則1回)。事前にお話を伺い、相談日時などを調整します(「0250-23-6110」へご連絡ください)。

注目情報

フリーランスや個人事業主ほか、雇用関係によらず委託を受けて個人で仕事をする方の、契約や仕事のトラブルについて(あいまいな契約、ハラスメント、報酬の未払いなど)、「フリーランス・トラブル110番 0120-532-110」に相談できます。

リンク集 ※他の相談機関、労働相談Q&Aは以下をご覧ください

 

 


このページに関するお問い合わせ

新潟労働相談所 

〒956-8625新潟市秋葉区新津4524-1 電話0250-23-6110 

  

  

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ