ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 長岡地域振興局 農林振興部 > 【長岡農林】 かんがい排水事業 東大新江地区

本文

【長岡農林】 かんがい排水事業 東大新江地区

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0053580 更新日:2019年3月29日更新

1 事業目的

 東大新江地区は、長岡市の信濃川右岸南部地域に位置している、受益下流部は大正9~10年、上流部は昭和27~30年にかけて10a区画に整理された水田を持つ稲作単作地帯です。
 地区の幹線用水路である東大新江は用排兼用水路として利用されていて、老朽化も進んでいるため、山地排水の流れ込みによって豪雨時には水があふれたり、堤防が破れたりして維持管理に支障を来している状況です。
 そこで、かんがい排水事業によって東大新江の改修を行い、将来の営農に適した用水の安定供給と維持管理費の節減を図り、近代農業の確立を目指しています。

2 事業量と工期

事業量

  • 用水路工 L=10,551m
  • 伏せ越工 L=223m(3箇所)
  • 総延長 L=10,774m

工期

平成7年~平成25年(予定)

3 事業実施前後の東大新江

改修前
改修前の東大新江

排水路としても利用しているため、改修前の水路では断面が小さく豪雨時には水が溢れる恐れがあります。

改修後
改修後の東大新江

改修後には水路も大きくなり、豪雨時でも溢れる心配がなくなり、用水の安定供給と維持管理費の節減が期待できます。

【長岡農林】 農村振興部門トップページへもどる

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ