ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 長岡地域振興局 農林振興部 > 【長岡農林】 かんがい排水事業 小粟田原地区

本文

【長岡農林】 かんがい排水事業 小粟田原地区

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0053592 更新日:2019年3月29日更新

信濃川から取水している旧揚水機場の画像
信濃川から取水している旧揚水機場

段丘上の水田に水を送る送水管の工事の画像
段丘上の水田に水を送る送水管の工事

1 地区概要

 数万年前に信濃川によって形成された河岸段丘である小千谷市小粟田原。その台地一面に広がる水田によって稲作が営まれています。小粟田原地区の稲作を支えている農業用水は、全て信濃川から供給されています。40年以上前から信濃川の水をポンプで揚水し、段丘上にある小粟田原の水田に水が送られてきました。
 山地流域を持たないこの地区では、揚水・送水の施設が使えなくなると農業用水の供給ができなくなり、農家に大きな損害をもたらしてしまいます。
 そこでかんがい排水事業では、長い年月を経て老朽化した施設を、効率良く水利用ができる施設へと改修しています。

2 用水計画

用水計画
小粟田原地区の用水計画

3 主要工事計画

(1) 揚水機

名称

揚水量

(立法メートル/s)

揚程 揚水機 原動機 備考
全揚程 実揚程 型式 口径(mm) 台数 型式 動力(kw) 台数
揚水機場 1,500立法メートル/s 58m 53m 立軸斜流 600mm 2台 電動機 630kw 2台  

(2) 用水路

名称

かんがい面積(ha)

延長(m) 構造
開渠 トンネル他
送水管 385ha 2,362m FRPM管φ1100mm

(3) 水管理改良施設

名称 受益(ha) 水量(立法メートル/s) 型式 全揚程 台数 構造 規模規格 付帯構造物
型式 口径 名称 規模・数量
加圧機場 70ha 0.548立法メートル/s 横軸両吸込うず巻 20m 2台 陸上型 350mm 上屋 RC構造・1棟
パイプライン 385ha 1.500立法メートル/s 自然流下及び加圧 塩ビ管 75~600mm    
ファームポンド 385ha 1.500立法メートル/s 地上式 擁壁型RC 有効水深2.2 60×16幅    
遠方監視制御 385ha TM/TC 鋼製制御板    

4 工事期間

平成16年度~平成25年度(予定)

【長岡農林】 農村振興部門トップページへもどる

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ