ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 分類でさがす > まちづくり・地域づくり > 地域づくり > 【南魚沼】令和元年度地域活性化推進事業(ハード)について紹介します

本文

【南魚沼】令和元年度地域活性化推進事業(ハード)について紹介します

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0181415 更新日:2019年6月5日更新

 南魚沼地域振興局が令和元年度に実施予定の地域活性化推進事業(ハード)についてご紹介します。

魚沼スカイライン観光ネットワーク整備事業

目的
 南魚沼地域の季節と眺望を楽しめる「魚沼スカイライン」について、マイクロバスが通行できるよう幅員拡幅や線形改良を行ったり、ビューポイントともなる待機所整備等を行うことにより、観光道路としての安全性及び快適性を高めて来訪者を増やす。

内容
 道路拡幅工事などを行う。

湯沢温泉通り活性化に向けた歩行空間整備事業

目的
 越後湯沢温泉では、かねてから来訪者がゆっくり落ち着いて歩ける歩行空間が整備されておらず、また温泉通りの沿道には電柱が林立し、観光客や地域住民にとって歩きにくい道路となっており、景観上も問題である。そこで安心して散策を楽しめて、かつ美しい湯沢温泉通りを作るため、県道の歩行空間の整備を行い、地元による街づくりを支援する。

内容
 電柱の道路敷地外又は地中移設、幅広路肩の手法による歩行空間整備を行う。

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ