ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

越後妻有の「水」の恵み

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0052148 更新日:2019年3月29日更新

景勝地、名水地

清津峡(十日町市)

きよつきょうときよつがわ

清津峡と清津川(十日町市)信濃川の支流、清津川が形成した雄大な渓谷です。川を挟んで切り立つ巨大な岩壁は全国に誇るV字形の大峡谷をつくり、国の名勝・天然記念物にも指定されています。美しい柱状節理の岩肌と清津川の急流のダイナミックな景観は訪れる人々に深い感動を与えます。昭和24年9月に上信越高原国立公園に指定され、学術的資料の宝庫でもあります。

きよつきょうあんあいず
清津峡案内図

前のページ(秋山郷)次のページ(宮中取水ダム)

トップページへ戻る

みずものがたりとっぷにもどる

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ