ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 教育庁 財務課 > 「奨学のための給付金」事務において個人番号(マイナンバー)の情報流出がありました

本文

「奨学のための給付金」事務において個人番号(マイナンバー)の情報流出がありました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0249434 更新日:2020年1月14日更新

  県立佐渡高等学校において、「奨学のための給付金」の申請時に、個人番号通知カード(写)の提出が不要な保護者から提出があり、返却しましたが、誤って別な保護者に渡していたことが判明しました。
  なお、誤送付した個人番号通知カード(写)及び個人番号等貼付台紙については、学校で回収しており、更なる情報流出がないことを確認済です。

概要

1 日時
  ・誤送付日   令和元年12月20日(金)
  ・判明日時等  令和2年1月14日(火) 午後2時 *誤送付先の生徒が持参して判明

2 流出した情報
  「生徒1名の学校名、生徒氏名、保護者の氏名・住所・生年月日・性別・個人番号」

3 対応
     (1)  誤送付先の保護者及び情報流出対象者(生徒)の保護者に連絡し、経緯を説明 した上で謝罪しました。
     (2)  今後、個人情報関係書類の返却に当たっては、送付先の確認を徹底する 等、再発防止に努めます。

報道発表資料 [PDFファイル/64KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ