ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 教育庁 総務課 > 教育統計の年次推移 【身長・体重】 (昭和30年~)

本文

教育統計の年次推移 【身長・体重】 (昭和30年~)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0062871 更新日:2021年3月24日更新

概要

 身長・体重ともに平成以前は伸びていましたが、平成以後は概ね横ばいで推移しています。
全国平均との比較では、身長において、男女の各年齢で高い傾向にあり、男子7歳、女子5歳で全国1位となっており、男子11歳、女子8歳、12歳で全国2位となっています。

1.身長(男子)

 昭和30年から令和元年の間(64年間)で伸びが大きい年齢は、13歳(145.0cmから160.8cmで15.8cmの伸び)、12歳(138.6cmから153.3cmで14.7cmの伸び)と14歳(151.3cmから166.0cmで14.7cmの伸び)、11歳(133.8cmから146.6cmで12.8cmの伸び)の順です。

2.身長(女子)

 昭和30年から令和元年の間(64年間)で伸びが大きい年齢は、12歳(140.2cmから152.8cmで12.6cmの伸び)、11歳(134.5cmから147.0cmで12.5cmの伸び)、10歳(129.1cmから140.7cmで11.6cmの伸び)の順です。

3.体重(男子)

 昭和30年から令和元年の間(64年間)で伸びが大きい年齢は、14歳(42.7kgから54.6kgで11.9kgの増)、13歳(37.7kgから49.4kgで11.7kgの増)、12歳(33.0kgから44.4kgで11.4kgの増)、の順です。

4.体重(女子)

 昭和30年から令和元年の間(64年間)で伸びが大きい年齢は、12歳(34.6kgから44.1kgで9.5kgの増)、11歳(30.3kgから39.7kgで9.4kgの増)、13歳(39.2kgから47.7kgで8.5kgの増)の順です。

統計表ダウンロード

※ Excelデータは、「コメント」・「グラフ」・「統計表」の3枚のシートで構成されています。

新潟県オープンデータ
<外部リンク> 県公式SNS一覧へ