ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 教育庁 総務課 > 教育統計の年次推移 【児童・生徒数】 (昭和23年~)

本文

教育統計の年次推移 【児童・生徒数】 (昭和23年~)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0062866 更新日:2021年3月24日更新

概要

1.小学校

 小学校の児童数は、昭和33年に392,229人とピークに達し、その後減少を続け、昭和48年には214,623人となりました。その後緩やかに増加しましたが、昭和58年から再び減少しはじめ、令和2年には105,818人となりました。

2.中学校

 中学校の生徒数は、昭和37年に209,429人とピークに達し、その後減少し、昭和54年には105,779人と約半数になりました。その後緩やかに増加しましたが、昭和63年から再び減少しはじめ、令和2年には53,720人となりました。

3.義務教育学校

 義務教育学校の生徒数は、令和2年には805人となりました。

4.高等学校

 高等学校の生徒数は、昭和23年から昭和28年までの5年間で28,468人から67,662人と約2.5倍に増加しています。昭和41年には131,073人と過去最高の生徒数となりました。その後10万人前後で推移していましたが、平成3年以降は生徒数の減少が続いており、令和2年には53,114人となりました。

5.中等教育学校

 中等教育学校の生徒数は、県内初の中等教育学校が開校した平成14年は前期課程の82人で、その後学校数の増加に伴い、生徒数も増加しましたが、平成26・27年をピークとして減少傾向にあり、令和2年には前期・後期課程合わせて3,194人となりました。

6.特別支援学校(盲・聾・養護)

 盲・聾・養護学校の制度が特別支援学校に一本化された平成19年以降、児童生徒数の合計は令和元年まで増加し続け、令和2年は2,639人となりました。

7.幼稚園

 幼稚園の幼児数は、昭和23年の2,830人から昭和54年には26,250人まで増加しています。その後は減少傾向にありましたが、平成27年からの幼保連携型認定こども園への移行等によりさらに減少し、令和2年には5,239人となりました

8.幼保連携型認定こども園

 幼保連携型認定こども園の幼児数は、令和2年には22,042人となりました。

9.長期欠席児童数(小学校)

 小学校の長期欠席児童数は、昭和34年から昭和54年にかけて1,039人から269人に減少しました。その後、平成2年までは多少の増減がありましたが、平成3年から急激に増え始め、平成4年には1,457人とピークに達した後、減少傾向が続いていたものの、近年は再度増加傾向にあり、令和元年には896人となりました。

10.長期欠席生徒数(中学校)

 昭和36年の986人から、昭和50年には252人まで減少しました。昭和51年からは増加に転じ、中でも昭和59年から増加が著しく、平成10年には2,720人となりました。その後は減少傾向にありましたが、近年は再び増加傾向にあり、令和元年は2,199人となりました。

統計表ダウンロード

※ Excelデータは、「コメント」・「グラフ」・「統計表」の3枚のシートで構成されています。

新潟県オープンデータ
<外部リンク> 県公式SNS一覧へ