ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 県民生活・環境部 新潟暮らし推進課 > 【ニイガタビト】教えて先輩!第143回「雪国もそんなに悪くない。それが正直な気持ちです(笑)」

本文

【ニイガタビト】教えて先輩!第143回「雪国もそんなに悪くない。それが正直な気持ちです(笑)」

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0234803 更新日:2019年11月1日更新
魚沼基幹病院

 新潟県U・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」では、新潟で夢に向かって頑張っている方やUターン、Iターンした方のインタビューやコラムを『ニイガタビト』で紹介しています。
 
 今回のニイガタビトは、南魚沼市にある「魚沼基幹病院」で看護師として働く、森下麻衣子さんのインタビューです。

「雪国もそんなに悪くない」。それが正直な気持ちです(笑)<外部リンク>

\インタビューのポイント/

● 語学留学が新潟を見直すきっかけ
  ハワイでの生活が、新潟の豊かな自然と寄り添う暮らしに重なった

● 一度離れたからこそ気づいた雪国のよさ
  雪も季節の移ろいも、大人になった今なら楽しめる

● 「移住したい」と思った時がタイミング
  自分の素直な気持ちに向き合うことで人生は豊かに

魚沼基幹病院 看護師
森下麻衣子さん/南魚沼市

<プロフィール>
 東京都出身。小学校入学と同時に湯沢町へ移住。高校までを湯沢町、南魚沼市で過ごす。高校時代に看護師を志し、卒業後に都内の看護専門学校へ進学。3年間勉強に励み、看護師免許を取得し都内の病院に就職する。その後、20代後半にかねてからの夢だった語学留学のためハワイへ移住。5年間のハワイ暮らしを経験し、日本に帰国。ハワイ同様、自然が豊かな場所で暮らしたいという思いもあり、小学校から高校までを過ごした南魚沼市へUターン。現在は、魚沼基幹病院で看護師として地域医療の最前線で働きながら、オフは豊かな自然を楽しみながら暮らしている。

魚沼基幹病院ホームページ<外部リンク>

森下さんプロフィール

インタビューは下記リンク先よりご覧ください↓↓↓

教えて先輩!第143回 森下麻衣子さんインタビューはこちら<外部リンク>


U・Iターン者インタビュー「ニイガタビト」トップページ <外部リンク>

300件以上のインタビュー記事を掲載。仕事や暮らし、地域などのキーワードで記事を検索することもできます。

「ニイガタビト」トップページ<外部リンク>

(参考)新潟県U・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」<外部リンク>

にいがた暮らし<外部リンク>

(参考)新潟県へのu・iターンや移住を応援「にいがた暮らし」フェイスブック<外部リンク>

にいがた暮らしフェイスブック<外部リンク> 

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ