ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > まちづくり・地域づくり > 交通・運輸 > 既存の輸送資源の有効活用等による「湯沢版MaaS」の実証を開始します

本文

既存の輸送資源の有効活用等による「湯沢版MaaS」の実証を開始します

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0412027 更新日:2021年7月15日更新

   

1 取組内容について

  新型コロナウイルス感染症の影響により、ライフスタイルや働き方が多様化する中において、地域住民や観光客、ビジネス利用者(ワーケーション含む)などが、車がなくても自由に移動できる環境を整備し、持続可能な暮らしやまちづくりの構築を図ることを目的として、移動環境の充実に向けた実証事業を湯沢町において開始します。

※ 本事業は、ポストコロナを見据え、令和2年度から実施している「地域活性化リーディングプロジェクト」の一環として実施するものです。

地域活性化リーディングプロジェクトについてはこちら

湯沢版MaaSのホームページはこちら<外部リンク>

2 実施期間について

 令和3年7月16日(金曜日)~令和3年9月12日(日曜日) 

3 取材について

・初日の7月16日(金曜日)、現地にて、報道の皆様の取材をお受けします。

・ 取材を希望する場合は、7月15日(木曜日)16時までに、別紙「取材申込書」により報告願います。

・ 当日は現場職員の指示に従ってください。

取材申込書 [Wordファイル/19KB]

報道発表資料 [PDFファイル/108KB]

 

4 本件についてのお問い合わせ

1  報道資料に関するお問い合わせ

  新潟県交通政策課 藤井、石井(直通)025-280-5110 (内線)3596、3590

2 地域活性化リーディングプロジェクトに関するお問い合わせ

  政策企画課 河村   (直通)025-280-5735 (内線)2364

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ