ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 福祉保健部 高齢福祉保健課 > 令和元年度新潟県認知症ケア・アドバイザー派遣事業を実施する施設又は事業所を募集します!

本文

令和元年度新潟県認知症ケア・アドバイザー派遣事業を実施する施設又は事業所を募集します!

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0123204 更新日:2019年6月29日更新

「認知症対策・権利擁護」に戻る

 パーソン・センタード・ケアの理念に基づき、認知症介護の質の向上に取り組む施設又は事業所(以下「事業所」という。)を支援するため、認知症ケア・アドバイザー派遣事業を実施します。

1 事業概要

本事業は、認知症介護実践研修修了者の所属する事業所を対象とし、研修成果の定着を図ることを目的としており、概要は以下のとおりです。

  1. 県は、2名のアドバイザー(認知症介護指導者)を事業所に派遣します。
  2. アドバイザーは「認知症ケアマッピング(以下「DCM」という)」※を行い、結果を事業所職員にフィードバックします。また、DCMを実施する前には、パーソン・センタード・ケアの基本やDCMに関する事前説明(ブリーフィング)を行います。
  3. 事業所職員は、アドバイザーの助言を参考に認知症のご利用者にとってより良いケアを実践するための行動計画(アクションプラン)を立案し、事業所全体で取り組みます。
  4. 概ね2~3か月に再度アドバイザーによるDCMを実施し、行動計画に基づいたケア提供後のご利用者の変化を確認します。
    なお、アドバイザー派遣にかかる「謝金」、「旅費」については、県が負担します。

2 応募資格

以下の施設又は事業所で、かつ、認知症介護実践研修(実践者研修、実践リーダー研修)の修了者の所属する事業所を対象とします。

  • 介護老人福祉施設(地域密着型を含む。)
  • 介護老人保健施設
  • 介護療養型医療施設
  • 認知症対応型共同生活介護事業所
  • 小規模多機能型居宅介護事業所(看護小規模多機能型を含む。)
  • その他県が必要と認めた事業所

3 募集事業所数

4事業所
※ 先着順とし、定数に達し次第受付終了とします。

4 応募手続

  • 提出書類 申請書(別紙様式1)
  • 申込期間 令和元年9月30日(月)まで(※定数に達し次第受付終了とします。)
  • 郵送先 〒950-8570 新潟市中央区新光町4-1
     新潟県 福祉保健部 高齢福祉保健課 在宅福祉班 宛て

5 その他

認知症ケアマッピングについて、さらに詳しく知りたい方は以下リンク先ホームページを参照してください。

認知症介護研究・研修大府センターホームページへ<外部リンク>

このページはリンク自由です

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ