ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉保健部 高齢福祉保健課 > 喀痰吸引等研修の種類について

本文

喀痰吸引等研修の種類について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0050905 更新日:2019年3月29日更新

 介護職員等がたん吸引等を行うために必要な「喀痰吸引等研修」は、実施できるようになる特定行為に応じて、3種類(第一号研修~第三号研修)に区分されています。(社会福祉士及び介護福祉士法施行規則(昭和62年厚生省令第49号)附則第4条)

研修区分

対象者

特定行為

研修内容

第一号研修 「不特定多数の利用者」を対象

下記のすべての行為

  • 口腔内の喀痰吸引
  • 鼻腔内の喀痰吸引
  • 気管カニューレ内部の喀痰吸引
  • 胃ろう又は腸ろうによる経管栄養
  • 経鼻経管栄養

(6種類)

  • 講義50時間
  • 演習
  • 実地研修
第二号研修 「不特定多数の利用者」を対象

下記のいずれかの行為

  • 口腔内の喀痰吸引
  • 鼻腔内の喀痰吸引
  • 気管カニューレ内部の喀痰吸引
  • 胃ろう又は腸ろうによる経管栄養
  • 経鼻経管栄養

※ 実地研修を修了した行為に限る。

  • 講義50時間
  • 演習
  • 実地研修
第三号研修 「特定の利用者」を対象
  • 口腔内の喀痰吸引
  • 鼻腔内の喀痰吸引
  • 気管カニューレ内部の喀痰吸引
  • 胃ろう又は腸ろうによる経管栄養
  • 経鼻経管栄養

※ 実地研修を修了した行為に限る。

  • 講義8時間
  • 演習1時間
  • 実地研修

昭和62年厚生省令第49号)附則第4条の画像「高齢者を介護している人」

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ