ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 14 フッ化物(フッ素)利用とは

本文

14 フッ化物(フッ素)利用とは

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0050079 更新日:2019年4月1日更新

 フッ化物利用は、歯磨きや甘味の適正摂取とともに、基本的なむし歯予防方法の一つで、フッ化物の働きにより、むし歯になりにくい丈夫な歯を作ります。フッ化物利用の代表的なものに、フッ化物歯面塗布(フッ素塗布)、フッ化物(フッ素)洗口、フッ化物配合(フッ素入り)歯磨き剤等があります。

フッ化物歯面塗布(フッ素塗布) 歯科医師や歯科衛生士が歯にフッ化物ゲルなどを塗る方法。市町村保健センターや歯科診療所などで実施されており、1歳頃から年2~4回定期的に受けると効果的です。
フッ化物(フッ素)洗口 フッ化物の溶液で約1分間ぶくぶくうがいをする方法。保育所や学校などで継続して行うとむし歯の発生を効果的に予防します。
フッ化物配合(フッ素入り)歯磨き剤 フッ化物の入った歯磨き剤を利用する方法。家庭や学校などで、子どもから大人まで利用できる手軽なフッ化物応用法です。

健康にいがた21「Fluorides フッ化物の利用」へ<外部リンク>

お問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは

新潟県庁
住所: 950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
電話: 025-285-5511(代表)
電子メール: info@pref.niigata.lg.jp

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ