ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 11 小児慢性特定疾病の医療費の助成について

本文

11 小児慢性特定疾病の医療費の助成について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0050097 更新日:2021年4月1日更新

 慢性疾患にかかっていることにより療養を必要とする児童等は、その治療が長期にわたり、医療費も高額となることから、医療費の助成を受けることができます。なお、医療保険上の世帯員の市町村民税(所得割額)に応じて自己負担があります。

小児慢性特定疾病医療費助成対象疾病

  • 対象年齢
    新潟県に住所を有する18歳未満の児童(認定後は20才未満まで)
  • 対象疾病
    • 悪性新生物
    • 慢性腎疾患
    • 慢性呼吸器疾患
    • 慢性心疾患
    • 内分泌疾患
    • 膠原病
    • 糖尿病
    • 先天性代謝異常
    • 血液疾患
    • 免疫疾患
    • 神経・筋疾患
    • 慢性消化器疾患
    • 染色体又は遺伝子に変化を伴う症候群
    • 皮膚疾患
    • 骨系統疾患
    • 脈管系疾患
  • 摘要
    上記の疾病ごとに対象となる疾患名及びその状態の程度が決まっていますので、該当するかどうか主治医に確認してください。入院・通院とも対象となります。

 小児慢性特定疾病医療費助成制度について

お問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは

新潟県庁
住所: 950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
電話: 025-285-5511(代表)
電子メール: info@pref.niigata.lg.jp

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ