ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 観光・文化・スポーツ > 観光 > 平成26年度本県外国人宿泊数調査結果

本文

平成26年度本県外国人宿泊数調査結果

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0049638 更新日:2015年8月5日更新

 平成26年度の本県外国人宿泊数は137,206泊、前年度比46.3の増、43,449泊の増となりました。
 スノーシーズンにおける台湾やオーストラリアからの観光客の増加により、県調査としてこれまで最高だった25年度(93,757泊)を上回る宿泊数となりました。

地域別の状況

  • アジア地域 85,609泊(50.7%)
  • ヨーロッパ地域 13,833泊(20.2%)
  • アメリカ地域 9,691泊(29.6%)
  • オーストラリア 22,075泊(43.2%)
  • その他地域 5,998泊(137.1%)
  • 合計 137,206泊(46.3%)

誘客対象地域の状況

  • 韓国 10,181泊(4.5%)
  • 台湾 33,373泊(56.2%)
  • 中国 25,810泊(59.3%)
  • (うち中国(香港除く)16,503泊(74.3%)
  • (うち香港 9,307泊(38.3%)
  • ロシア 3,331泊(26.4%)
  • オーストラリア 22,075泊(43.2%)
  • シンガポール 3,538泊(81.4%)
  • タイ 4,197泊(114,9%)
  • 合計 102,505泊(48.0%)

概況

誘客対象地域等の動向

  • 韓国
    震災の影響に加え、新潟-ソウル便減便の影響により、宿泊数は他市場に比べて伸び悩んだ。
  • 台湾
    湯沢地区へのスキー客の増加、新潟-台湾チャーター便を利用した団体ツアーの増加により宿泊数が大幅に増加した。
  • 中国
    円安の継続による訪日ショッピング人気等により、新潟-ハルビン線を利用した団体ツアーが好調となり、宿泊数が増加した。
  • 香港
    湯沢地区へのスキーツアーが好調だったほか、団体周遊ツアーが定着したことで、宿泊数が増加した。
  • ロシア
    スキー客が好調だったことから、宿泊数が増加した。
  • オーストラリア
    妙高地区へのスキー客が好調だったことから、昨年に引き続き、宿泊数が増加した。
  • その他
    東南アジア(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)は、ビザ緩和の影響や、スノーシーズンの誘客が好調だったことから、宿泊数が大幅に増加した。

※県内宿泊施設抽出調査(回答181施設)、泊数は延べ宿泊数。観光、ビジネスなど目的は問わない。
※調査結果の詳細は、添付ファイルをご覧ください。

新潟県オープンデータ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ