ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 教育・子育て > 子育て・青少年 > 東京圏から新潟県へ移住する保育士に最大で50万円を支給します

本文

東京圏から新潟県へ移住する保育士に最大で50万円を支給します

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0331133 更新日:2020年12月8日更新
令和2年6月19日から令和3年4月1日までに、東京圏から新潟県内に移住し、保育士として新潟県内の保育所等に就業した方又は就業予定の方に移住支援金を支給します。

1 対象者

(1) 移住等に関する要件

ア 移住元に関する要件
 新潟県内に移住する直前に東京都、埼玉県、千葉県及び神奈川県(以下「東京圏」という。)に在住していた又は東京圏に在住していること。
イ 移住先に関する要件
(ア)令和2年6月19日から令和3年4月1日までの期間に新潟県内に移住した又は移住する見込みであること。
(イ) 新潟県内に移住した日から1年以上継続して新潟県内に居住する意思を有していること。
ウ その他の要件
(ア)新潟県移住・就業等支援事業に基づく移住支援金の支給を受けたことがなく、かつ受ける予定がないこと。
(イ)暴力団等の反社会的勢力又は反社会的勢力と関係を有する者でないこと。
(ウ)日本人である、又は外国人であって、永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者、特別永住者のいずれかの在留資格を有すること。
(エ)その他知事が移住支援金の対象として不適当と認めた者でないこと。

(2)就業に関する要件

ア 保育士の資格を有し登録を受けている又は令和3年3月31日までに資格を取得し登録を受ける見込みであること。
イ 令和2年6月19日から令和3年3月15日までの期間に雇用された者又は同期間中に内定を承諾した者であって令和3年4月1日までに雇用される見込みの者(以下「内定者」という。)であること。
ウ 保育士として保育所等へ就業している(就業する予定である)こと。

●保育所等…保育所、認定こども園、家庭的保育事業、小規模保育事業、
居宅訪問型保育事業、事業所内保育事業、認可外保育施設(※)、
その他法令等で保育士の配置が必要とされている施設又は事業(※)
(※)要綱第2条(2)のエまたはオに規定するもの

エ 勤務地(内定者にあっては勤務予定地)が新潟県内に所在すること。
オ 保育所等の設置者等との直接雇用契約に基づく就業(内定者にあっては就業予定)で、1週間の所定労働時間が20時間以上であること。
カ オの直接雇用契約に期間の定めがある場合は、当該期間が更新予定を含め1年未満で終了するものではないこと。
キ 転勤、出向、出張、研修等による勤務地の変更ではなく、新規の雇用であること。

(3)世帯に関する要件 
 ※世帯の額を申請する場合

ア 申請者を含む2人以上の世帯員が移住元において、同一世帯に属していたこと。
イ 申請者を含む2人以上の世帯員が申請時において、同一世帯に属していること。
ウ 申請者を含む2人以上の世帯員がいずれも、令和2年6月19日から令和3年4月1日までの期間に移住した又は移住する見込みであること。
エ 申請者を含む2人以上の世帯員がいずれも、暴力団等の反社会的勢力又は反社会的勢力と関係を有する者でないこと。

2 支給額

・2人以上の世帯の場合 50万円/世帯
・単身世帯の場合 30万円/人

3 申請方法

令和3年3月15日【必着】までに、申請書と必要書類を、郵送または持参で、新潟県子ども家庭課に提出してください。
※期限内であっても、予算上限額に到達した場合は交付決定できません。
<郵送で提出する場合>
封筒の表面に「新潟県保育人材確保支援事業移住支援金申請書類在中」、裏面に申請者の住所、氏名を明記の上、簡易書留等、記録が残る方法で送付してください。(送付先は下記6のとおり。)
<持参する場合>
土日・祝日・年末年始を除く午前9時から午後5時までの間に持参してください。

4 必要資料

【共通】
・様式1別紙(誓約書及び個人情報取扱い同意書)
・申請者本人の写真付き身分証の写し(運転免許証、学生証などでマイナンバーの記載のないもの。)
 ※外国人の場合は在留カード等の写し
・申請者本人名義の振込先口座が確認できる預金通帳又はキャッシュカードの写し

【新潟県への移住・就業が完了している場合】
・様式2(就業証明書)
・移住後及び移住元の住所が確認できる書類の写し(住民票などでマイナンバーの記載のないもの。)
※世帯で申請する場合は世帯全員分の記載があるもの。
・保育士証の写し

【新潟県への移住が完了し、就業予定の場合】
・移住後及び移住元の住所が確認できる書類の写し(住民票などでマイナンバーの記載のないもの。)
※世帯で申請する場合は世帯全員分の記載があるもの。
・保育士証の写し
・内定を承諾した就業先を証明できる書類の写し(内定通知書など。)
※令和3年4月30日【必着】までに様式2(就業証明書)を必ず提出してください。

【新潟県への移住及び就業が完了していない場合】
・現住所(東京圏内)が確認できる書類の写し(住民票などでマイナンバーの記載のないもの。)
※世帯で申請する場合は世帯全員分の記載があるもの。
・内定を承諾した就業先を証明できる書類の写し(内定通知書など。)
・保育士証の写し(取得見込みの方については、下記のとおり提出。)
※令和3年4月30日【必着】までに以下の書類を必ず提出してください。
・移住後及び移住元の住所が確認できる書類の写し(住民票などでマイナンバーの記載のないもの。)
・様式2(就業証明書)
・保育士証の写し

上記の他に追加で書類の提出を求めることがあります。

5 ダウンロード

6 提出先・お問い合わせ先

新潟県 福祉保健部 子ども家庭課 保育支援係
〒950-8570 新潟県新潟市中央区新光町4番地1 新潟県庁12階
【電話】025-280-5215
【メール】ngt040270@pref.niigata.lg.jp

~新潟県内の就労に興味・不安のある方へ~

新潟県保育サポートセンターでは、保育園や子ども園で働きたい方と保育士を求める保育園等の橋渡しをおこなっています。
新潟県での就職をお考えの方や、興味・不安などをお持ちの方は、ぜひご相談ください!

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ