ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 分類でさがす > 観光・文化・スポーツ > スポーツ・公園 > 東京2020パラリンピック聖火リレー 聖火フェスティバル(新潟県)

本文

東京2020パラリンピック聖火リレー 聖火フェスティバル(新潟県)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0231248 更新日:2019年11月22日更新

 東京2020パラリンピック競技大会の聖火は、イギリスのストーク・マンデビルで採火が行われますが、国内各地でも採火が行われ、各地で採火した火は開催都市東京で一つの火に集められた後、東京2020パラリンピック競技大会の聖火となります。

 東京2020パラリンピック聖火リレーは「Share Your Light(英語)/ あなたは、きっと、誰かの光だ。(日本語)」をコンセプトに、開催都市である東京都及びパラリンピック競技開催県である埼玉県、千葉県、静岡県においてトーチで火をつなぐリレーが行われ、本県を含む43道府県では、「採火」と採火した火の訪問イベントの「聖火ビジット(任意)」、採火した火を開催都市東京に送り出す「出立」など、これらを総称した「パラリンピック聖火フェスティバル」を実施します。

 

【参考】東京2020パラリンピック聖火リレーのスケジュール

  • 2020年8月13日(木曜日)~17日(月曜日)
    「採火」や「出立」などの「聖火フェスティバル」を、本県を含む43の道府県で実施
  • 2020年8月18日(火曜日)~21日(金曜日)
    パラリンピック競技開催4都県(静岡、千葉、埼玉、東京)で「採火」・「聖火リレー」・「出立」などの「聖火フェスティバル」を実施
  • 2020年8月21日(金曜日)の夜
    47都道府県の聖火を東京で一つに統合する「集火式」を実施
  • 2020年8月22日(土曜日)~25日(火曜日)
    統合された一つの「東京2020パラリンピック聖火」により、開催都市東京で聖火リレーを実施


東京2020公式ウェブサイト パラリンピック聖火リレーのページ<外部リンク>

 

東京2020パラリンピック聖火フェスティバル(新潟県)の概要について

 本県における東京2020パラリンピック聖火フェスティバルの実施概要は下記のとおりです。
 県及び市町村では、引き続き実施に向けた詳細の検討を行い、東京2020パラリンピック競技大会の機運醸成及び県内における障害者スポーツの更なる普及を図っていきます。

 

  1. パラリンピックの聖火となる火を「採火」する市町村名(全30市町村で採火)
     新潟市、長岡市、三条市、柏崎市、新発田市、小千谷市、加茂市、十日町市、見附市、村上市、燕市、糸魚川市、妙高市、五泉市、上越市、阿賀野市、佐渡市、魚沼市、南魚沼市、胎内市、聖籠町、弥彦村、田上町、阿賀町、出雲崎町、湯沢町、津南町、刈羽村、関川村、粟島浦村
  2. 各市町村が採火した火を「集火」し、「東京2020パラリンピック聖火(新潟県)」を開催都市東京へ送り出す「出立」を行う場所の市町村名
     新潟市

 

  ※内容は調整中、検討中のものであり、今後変更する場合があります。

 

報道資料 [PDFファイル/152KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ