ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 観光・文化・スポーツ > スポーツ・公園 > 花角知事と信濃川火焔街道連携協議会会長の磯田長岡市長などが、東京オリンピック・パラリンピックの聖火台デザインへの「火焔型土器」の採用について、鈴木大地スポーツ庁長官に要望します。

本文

花角知事と信濃川火焔街道連携協議会会長の磯田長岡市長などが、東京オリンピック・パラリンピックの聖火台デザインへの「火焔型土器」の採用について、鈴木大地スポーツ庁長官に要望します。

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0049199 更新日:2018年10月18日更新

 花角知事と信濃川火焔街道連携協議会会長の磯田長岡市長などが、東京オリンピック・パラリンピックの聖火台デザインへの「火焔型土器」の採用について、鈴木大地スポーツ庁長官に要望します。

1 日時

平成30年10月22日(月曜日)9時40分から9時55分まで

2 場所

スポーツ庁長官室

(東京都千代田区霞が関三丁目2番2号文部科学省13階)

3 要望先の対応者

スポーツ庁長官 鈴木 大地 氏

4 要望者

新潟県知事 花角 英世
信濃川火焔街道連携協議会
 長岡市長 磯田 達伸(信濃川火焔街道連携協議会会長)
 十日町市長 関口 芳史(信濃川火焔街道連携協議会副会長)
 新潟市長 篠田 昭
 津南町長 桑原 悠

※取材は、頭撮り(要望書の手交)及び要望終了後のぶら下がり取材を予定しています。
 取材を希望される場合は、当日、開始5分前に文部科学省13階スポーツ庁長官室前の廊下にお集まりください。(事前申し込みの必要はありません)。
 また、ぶら下がり取材の場所は、文部科学省13階2会議室で行う予定ですが、現場職員の指示に従ってください。

報道発表資料[PDFファイル/90KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ