ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 福祉保健部 健康対策課 > 新潟県感染症情報(週報速報版)をお知らせします 令和元年第40週

本文

新潟県感染症情報(週報速報版)をお知らせします 令和元年第40週

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0229924 更新日:2019年10月9日更新

新潟県福祉保健部健康対策課
 感染症対策係(内線2654)

令和元年第40週:9月30日から10月6日まで

今週のトピック

インフルエンザの流行期に入りました。(別紙1参照)

○定点当たりの報告数が全県で1.06となり、インフルエンザの流行期に入りました※(流行期入りの目安…定点当たり報告数:1)。今年は全国的に例年より報告数が多く、また、県内においては現在の集計方法となった平成11年以降で最も早い流行期入り(新型インフルエンザが流行した平成21年を除く)となっています。社会福祉施設や学校における集団発生も報告されるなど、今後全県で増加が懸念されることから、十分な注意が必要です。

◆手足口病の警報を発令しています。(警報発令中:別紙2参照)

○手足口病の定点当たり報告数は全県で3.72と前週の3.40に比べ増加しました。
○国の示す警報終息基準(定点当たり2)を下回るまで、警報を継続します。社会福祉施設における集団発生の報告もあることから、引き続き十分な注意が必要です。

◆RSウイルス感染症に注意しましょう。(別紙3参照)

○RSウイルス感染症の定点当たり報告数は全県で4.89と前週の3.67に比べ増加しました。
○例年秋から冬にかけて主に乳幼児の間で流行していましたが、近年では7月頃より報告数の増加が見られるようになりました。例年よりも高い水準で推移しており、社会福祉施設における集団発生の報告もあることから、引き続き十分な注意が必要です。

◆腸管出血性大腸菌感染症の届出がありました。(別紙4参照)

◆百日咳の届出が14件ありました。(別紙5参照)

定点報告

全県に警報を発令している疾病
○手足口病(警報基準5・警報終息基準2)

国の示す警報基準以上となった管内のある疾病
○A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(警報基準8):魚沼
○手足口病(警報基準5):長岡、上越  
○伝染性紅斑(警報基準2):佐渡

 ★定点報告:新潟県 地域機関別マップ(保健環境科学研究所)

全数報告データ

全数把握疾患

週報速報版(第40週) [PDFファイル/119KB]
別添資料(百日咳) [PDFファイル/29KB]
40wdata [PDFファイル/287KB]
別紙1 インフルエンザ [PDFファイル/96KB]
インフルエンザ 保健所別グラフ [PDFファイル/57KB]
インフルエンザ 都道府県別表 [PDFファイル/32KB]
別紙2 手足口病 [PDFファイル/106KB]
別紙3 RSウイルス感染症 [PDFファイル/96KB]
別紙4 腸管出血性大腸菌感染症 [PDFファイル/84KB]
別紙5 百日咳 [PDFファイル/81KB]
保健所・疾患・施設種別 感染症集団発生等報告数 [PDFファイル/37KB]

地域機関名の表示はすべて届出のあった「医療機関の所在地」ですので、御注意ください。
インターネットを御利用の方は、県保健環境科学研究所ホームページも御覧ください。
県保健環境科学研究所ホームページ


 

PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader<外部リンク> Adobe Readerをダウンロードする<外部リンク>

◇このページに関するお問い合わせは 健康対策課 感染症対策係
〒  950-8570  新潟市中央区新光町4番地1 
電話:  025-280-5200  ファクシミリ: 025-285-8757 
このページの先頭へ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ