ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた肝炎治療受給者証及び肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業参加者証の有効期間延長について

本文

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた肝炎治療受給者証及び肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業参加者証の有効期間延長について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0282462 更新日:2020年5月26日更新

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた肝炎治療受給者証及び肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業参加者証の有効期間延長について

 新型コロナウイルス感染症の発生状況を鑑み、下記の対象者について肝炎治療受給者証及び肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業参加者証の有効期間を1年延長します。

 下記対象者については、現在お持ちの受給(参加)者証の有効期間満了日から1年間有効期間を延長した受給(参加)者証を順次送付する予定ですので、更新申請は不要です。

 【対象者】

 現在、肝炎治療受給者証又は肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業参加者証の交付を受けている方で、令和2年3月1日から令和3年2月28日までに受給(参加)者証の有効期間が満了する方。

 

 新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた公費負担医療等の取扱いについて [PDFファイル/184KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ