ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 農林水産部 経営普及課 > 新潟地方気象台の3か月予報に基づく農作物等の管理対策

本文

新潟地方気象台の3か月予報に基づく農作物等の管理対策

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0048846 更新日:2020年9月1日更新

新潟地方気象台の3か月予報に基づく今後の農作物等の管理対策をお知らせします。(3月から9月までの間、毎月末頃更新)

令和2年度

 新潟地方気象台から8月25日に発表された「北陸地方3か月予報」によると、この期間の平均気温は、高い確率50%です。
  9月は平年と同様に、天気は数日で周期的に変わり、気温は高く、降水量はほぼ平年並の見込みです。
  10月は数日で周期的に天気は変わりますが、気温は高く、降水量も多く、平年に比べ晴れの日は少ない見込みです。
  11月は平年と同様に曇りや雨の日が多い見込みとなっています。
  今後の気象変動に十分留意し、下記の管理対策の徹底をお願いします。
  また、こまめに水分を摂りながら農作業を行うなど熱中症の予防にも十分留意してください。

 詳しくは、以下のファイルをご覧ください。

 

令和元年度

  新潟地方気象台から9月25日に発表された「北陸地方 3か月予報」によると、10月は平年と同様に数日の周期で天気が変わり、気温は高く降水量はほぼ平年並で、11月と12月は気温が平年並か高く、降水量はほぼ平年並の見込みです。また、同日に発表された「北陸地方 寒候期予報」では、この冬(12月~2月)は北からの寒気の影響が弱く、冬型の気圧配置が長続きしないため、気温は平年並か高く、曇りや雪または雨の日が少なく、降水量・降雪量ともに平年並か少ない見込みとなっています。
   今後の気象変動に十分留意し、下記の管理対策の徹底をお願いします。また、日暮れが早くなり、手元・足元等が見えづらくなりますので、農作業事故に十分注意してください。
 詳しくは、以下のファイルをご覧ください。

平成30年度

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ