ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 県政情報 > 県の広報・広聴・県報 > 国の節電協力要請を受けて、県庁舎でエレベーター運転台数を制限します。

本文

国の節電協力要請を受けて、県庁舎でエレベーター運転台数を制限します。

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0540476 更新日:2022年11月28日更新
 県では、国の節電協力要請(12月1日から3月末まで)を受けて、これまでの節電への取組に加え、平日の午後1時以降において、県庁舎のエレベーターの運転台数を制限します。
 なお、電力需給ひっ迫注意報・警報発令時には、勤務時間中の照明一斉消灯を行い、必要な箇所のみ点灯することとします。

〔これまでの節電への取組〕

・ 暖房効率を高めるため、ブラインドやサーキュレーターの使用を推奨

・ 廊下の照明の間引き点灯

・  昼休みと終業時の一斉消灯

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ