ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 分類でさがす > 県政情報 > 県の仕事と組織・付属機関 > 上越地域振興局庁舎の発電機室でアスベストが確認されました

本文

上越地域振興局庁舎の発電機室でアスベストが確認されました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0236929 更新日:2019年11月12日更新
1 経過等
 上越地域振興局庁舎で実施する非常用発電機更新工事の事前調査を行った結果、発電機室室内の発電機本体付属部にアスベストが含有されていることが判明しました。
 アスベスト含有材は密閉されているため、飛散のおそれはありません。

・確認された施設 :上越地域振興局庁舎1階発電機室
(発電機室には工事及び施設管理の関係者以外の方が立ち入ることはありません。)

・確認されたアスベストの種類 :クリソタイル

2 今後の対応
 非常用発電機更新工事において、関係法令を遵守し安全に十分配慮しながら、アスベスト含有材を除去します。
 
・除去時期 :令和元年12月以降実施予定

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ