ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > コロナワクチンの時間外・休日の接種及び個別接種促進のための支援事業について

本文

コロナワクチンの時間外・休日の接種及び個別接種促進のための支援事業について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0406447 更新日:2021年8月18日更新

新型コロナウイルスワクチン接種に係る医療機関への支援について

1 時間外・休日の接種費用上乗せについて

【概要】

コロナワクチンの接種について、時間外・休日に接種を実施した場合に接種費用の上乗せを行うもの。令和3年4月1日以降に実施した接種が対象。

 時間外:2,070円 → 2,800円(730円上乗せ)

 休 日:2,070円 → 4,200円(2,130円上乗せ)

 時間外・休日の考え方について [PDFファイル/160KB]

【請求方法】

 医療機関が所在する市町村へ請求する。

 ※ 請求先や期間等については、各市町村にお問い合わせください。

 ※ 時間外・休日に行った場合の接種費用の上乗せのみを請求する。

【申請様式】

 以下の様式1、2をご利用ください。

 申請様式 [Excelファイル/58KB]

2 個別接種促進のための支援事業について

【概要】

(1)診療所における接種回数の底上げを図るため、以下を交付する。
 ・ 週100 回以上の接種を7月末までに4週間以上行う場合には、週100 回以上の接種をした週の接種回数に対して2,000 円/回
 ・ 週150 回以上の接種を7月末までに4週間以上行う場合には、週150 回以上の接種をした週の接種回数に対して3,000 円/回

※ 同一の週を「週100回以上」及び「週150回以上」として重複しない。

 (例)「週150回以上」が4回、「週100回以上」が2週あった場合、「週150回以上」のみが要件を満たす。なお、「週100回以上」の2週については、(1)の対象とならないが、以下に記載する(2)の対象にはなり得る。)

(2)医療機関(診療所・病院)が50 回以上/日の接種を行った場合には、1日当たり定額で10 万円を交付する。なお、診療所は、(1)の要件を満たさない週に属する日に限る。

(3)病院が、特別な接種体制を確保した場合(通常診療とは別に、接種のための特別な人員体制を確保した場合であって、休日・休診日・時間外・平日診療時間内の別を問わない。)であって、50 回以上/日の接種を週1日以上達成する週が、7月末までに4週間以上ある場合には、集団接種会場と同様の扱いとし、(2)に加えて、以下の支援単価による所要額を病院に追加で交付する。
 ・医師 1人1時間当たり7,550 円
 ・看護師等 1人1時間当たり2,760 円 (※「看護師等」には、接種業務に従事した事務職員等も含みます。)

【請求方法】

 医療機関が所在する都道府県に請求する。(以下の電子申請サイトを御利用ください。)

 ※ 電子申請の受付はこちらから。<外部リンク>

 電子申請システムの利用方法 [PDFファイル/832KB]

 ※ 申請に関するお問い合わせは以下の電話番号へお願いします。

    025-256-8749

 ※ 紙ベースでの申請も受け付けていますが、できる限り電子申請をご活用ください。 

 ※ 申請等つきまして、よくある質問をまとめましたので、参考になさってください。

    QAはこちら [PDFファイル/355KB]

【申請様式】

  以下の様式2、3をご利用ください。

 新型コロナウイルスワクチンの時間外・休日の接種及び個別接種促進のための支援事業の請求について [PDFファイル/105KB]

 申請様式 [Excelファイル/48KB] 

 請求様式の入力について [PDFファイル/2.31MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ