ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 分類でさがす > 県政情報 > 調査・監査 > 監査委員事務局のトピックス(平成29年度)

本文

監査委員事務局のトピックス(平成29年度)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0048082 更新日:2017年10月24日更新

監査委員や事務局の主な活動や話題についてお知らせします。

平成28年度普通会計決算及び基金運用状況審査意見書を知事に提出しました。(平成29年10月11日)

栗山代表監査委員が米山知事に意見書を提出する様子の画像
栗山代表監査委員が米山知事に意見書を提出する様子

 平成28年度普通会計決算及び基金運用状況審査意見書を米山知事に提出しました。

 予算の執行、財産の管理等については、おおむね適正なものと認めました。あわせて、次の事項について監査委員としての意見を述べました。

  1. 人口減少問題への取組
  2. 本県の優れた交通インフラを活用した地域活性化の取組
  3. 児童虐待防止及び相談対応の取組
  4. 高病原性鳥インフルエンザの防疫対策
  5. 日本海横断航路船舶調達問題における県の対応とガバナンス
  6. 実効性のある内部統制体制の構築

「平成28年度普通会計決算及び基金運用状況審査意見書」の詳細はこちらをご覧下さい。

監査委員と部局長との意見交換を行いました。

監査委員と部局長との意見交換の様子の画像
監査委員と部局長との意見交換の様子

 8月29日から9月7日までの日程で、平成28年度の事業執行や施策課題等について、各部局の部局長と意見交換を行いました。

 今後、この意見交換の結果や定期監査の結果等を踏まえて、平成28年度普通会計決算等意見書を作成し、知事に提出することとなります。

企業会計決算審査意見書を知事に提出しました。(平成29年7月14日)

栗山代表監査委員が米山知事に意見書を説明する様子の画像
栗山代表監査委員が米山知事に意見書を説明する様子

 平成28年度企業会計決算審査意見書を米山知事に提出しました。

 以下の会計について審査を行った結果、決算関係書類は事業の経営成績及び財政状態を適正に表示しており、事務の執行手続についてはおおむね適正と認めました。

  1. 病院事業会計
  2. 基幹病院事業会計
  3. 電気事業会計・工業用水道事業会計・工業用地造成事業会計
  4. 新潟東港臨海用地造成事業会計

平成29年4月1日から、栗山和廣 新代表監査委員が就任しました。

栗山和廣 新代表監査委員からのごあいさつ

栗山和廣新代表監査委員の画像
栗山和廣 新代表監査委員

 平成27年、28年と、新潟県監査委員と監査委員事務局は、2度の知事からの要求監査を経験しました。その資料・記録を細見するに、「大変でしたね」の一言ではすまない“大変な作業”であったと実感しています。
 私はというと、民間の出身でもあり、毎日が勉強の連続です。また、早々に住民監査請求や委員監査などを経験でき、徐々に監査業務に入ることができました。ご指導いただいた方々に心から感謝申し上げます。
 県機構は巨大なコングロマリット。そこでは農業、工業、教育、医療、警察など、多数の業種や事業が、休むことなく活動しています。監査業務は、これらを合理的に、効率的に切り分け、公平に精査、評価し、県行政に対する県民の信頼を担保することと思っており、期待に応えられるよう努力していきたいと存じます。
 今日も執務室の窓からは、新潟の市街地から飯豊連峰、菅名岳などの山々まで見え、日々楽しませてくれています。これからも楽しく仕事ができることを期待しています。

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ