ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 県民生活・環境部 環境対策課 > 令和2年度海水浴場(開設前)の水質調査結果

本文

令和2年度海水浴場(開設前)の水質調査結果

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0294957 更新日:2020年6月24日更新

1 調査項目

ふん便性大腸菌群数、油膜の有無、化学的酸素要求量(COD)、透明度
(参考項目:水素イオン濃度(pH)、病原性大腸菌O-157)
  

2 調査結果

○ 水浴場水質判定基準に基づき判定したところ、48海水浴場のうち、すべての海水浴場が「適」

  また、病原性大腸菌O-157が検出された海水浴場はありません。
〔最近5年間の水質判定結果〕

調査年度 H28 H29 H30 H31 R2
判定
区分
水質AA 33 36 23 39 41
水質A 3 5 10 3 7
水質B 12 6 14 5 0
水質C 0 0 0 0 0
不適 0 0 0 0 0
調査箇所数 48 47 47 47 48

 

 

 

 

 

 

 

 

○ 海水浴場ごとの水質判定結果は、以下のとおりです。

海水浴場の水質調査一覧(海水浴場開設前)

調査日 令和2年4月20日~5月13日

調査市町村 海水浴場名 令和2年度 参考
平成31年度
粟島浦村 内浦 水質 AA 水質 A
村上市
 
今川 水質 AA 水質 AA
瀬波温泉 水質 AA 水質 AA
胎内市 村松浜 水質 A 水質 B
新発田市 藤塚浜 水質 AA 水質 AA
聖籠町 網代浜 水質 AA 水質AA
新潟市
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
島見浜 水質 A 水質 B
船江町浜     水質 A 水質 AA
日和山浜 水質 AA 水質 AA
関屋浜 水質 AA 水質 AA
青山海岸 水質 AA 水質 AA
内野浜 水質 A 水質 AA
越前浜 水質 AA 水質 AA
角田浜 水質 A 水質 A
間瀬下山 水質 AA 水質 AA
間瀬田ノ浦 水質 AA 水質 B
長岡市
 
 
 
野積 水質 AA 水質 B
寺泊中央 水質 AA 水質 B
金山 水質 AA 水質 AA
郷本 水質 AA 水質 AA
出雲崎町 井鼻 水質 AA 水質 AA
柏崎市
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
石地 水質 AA 水質 AA
大崎 水質 AA 水質 AA
長浜 水質 AA 水質 AA
高浜 水質 AA 水質 AA
中央 水質 A 水質 AA
番神・西番神 水質 AA 水質 AA
東の輪 水質 AA 水質 AA
鯨波 水質 AA 水質 AA
薬師堂 水質 AA 水質 AA
笠島 水質 AA 水質 AA
米山 水質 AA 水質 AA
上越市
 
 
 
柿崎中央 水質 AA 水質 AA
鵜の浜 水質 AA 水質 AA
なおえつ 水質 AA 水質 AA
たにはま 水質 AA 水質 A
糸魚川市
 
 
 
 
藤崎 水質 AA 水質 AA
百川 水質 AA 水質 AA
能生 水質 AA 水質 AA
糸魚川 水質 AA 水質 AA
親不知 水質 AA 水質 AA
佐渡市
 
 
 
 
 
二ツ亀 水質 AA 水質 AA
入崎 水質 AA -
達者 水質 AA 水質 AA
佐和田 水質 A 水質 AA
素浜 水質 AA 水質 AA
城が浜 水質 AA 水質 AA
赤亀・風島なぎさ公園 水質 AA 水質 AA

別図(調査した県内海水浴場の位置) [PDFファイル/232KB]

 

 

水質判定の基準

 環境省が定めたもので、5段階で水質を評価しています。
 水質AA及び水質Aは「適」、水質B及び水質Cは「可」、それ以外は「不適」に区分します。
 水質の判定については、下記の表に基づいて以下のとおりとします。
 
(1)ふん便性大腸菌群数、油膜の有無、COD又は透明度のいずれかの項目が「不適」であるものを、「不適」な水浴場とする。
(2)「不適」でない水浴場について、ふん便性大腸菌群数、油膜の有無、COD及び透明度によって、「水質AA」、「水質A」、「水質B」あるいは「水質C」を判定し、「水質AA」及び「水質A」であるものを「適」、「水質B」及び「水質C」であるものを「可」とする。
 ・各項目の全てが「水質AA」である水浴場を「水質AA」とする。
 ・各項目の全てが「水質A」以上である水浴場を「水質A」とする。 
 ・各項目の全てが「水質B」以上である水浴場を「水質B」とする。
 ・これら以外のものを「水質C」とする。
    

 

  ふん便性大腸菌群数 油膜の有無 COD 透明度
適  水質AA 不検出
(検出下限2個/100mL)
油膜が認められない 2mg/L以下 全透(1m以上)
水質A 100個/100mL以下 油膜が認められない 2mg/L以下 全透(1m以上)
可  水質B 400個/100mL以下 常時は油膜が認められない 5mg/L以下 1m未満~50cm以上
水質C 1,000個/100mL以下 常時は油膜が認められない 8mg/L以下 1m未満~50cm以上
不適 1,000個/100mLを超えるもの 常時油膜が認められる 8mg/L超 50cm未満*

(注)判定は、同一水浴場に関して得た測定値の平均による。
 「不検出」とは、平均値が検出下限未満のことをいう。
 透明度(*の部分)に関しては、砂の巻き上げによる原因は評価の対象外とすることができる。

報道資料 [PDFファイル/168KB]


環境にいがたトップへ ◇このページに関するお問い合わせは 環境対策課水環境係
〒  950-8570  新潟市中央区新光町4番地1 
電話:  025-280-5157  ファクシミリ: 025-280-5166 
電子メール:  ngt030160@pref.niigata.lg.jp 
このページの先頭へ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ