ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 県民生活・環境部 環境企画課 > 「にいがた環境フェスティバル2019」を開催しました

本文

「にいがた環境フェスティバル2019」を開催しました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0237335 更新日:2019年11月25日更新

県主催の環境イベント第2回として「にいがた環境フェスティバル2019」を11月10日に万代島多目的広場(大かま)で開催しました。約3,000人の方に来場していただき、環境保全に取り組む団体や企業のブース、ワークショップや体験コーナー、環境に関する表彰式や水素自動車の試乗・展示などを楽しんでいいただきました。

内容

開会宣言

中静祐介さん、山田彩乃さん、とっぴー、きっぴー、レルヒさんと一緒に開会を宣言しました。

開会宣言 

出展ブース

実際に触れたり、体験できるブースが多く、子ども達をはじめ、多くの参加者でにぎわいました。

木のストロー作成魚釣り

おもちゃ体験会場の様子1

会場の様子2会場の様子3

ワークショップ・体験コーナー

木の小物づくり、木のおもちゃ体験コーナー

木の小物づくり木のおもちゃ

海の生き物、プラスチック循環利用に関するクイズ(セミナー形式)

マリンピアセミナープラセミナー

ステージイベント

環境に関する表彰式

様々な団体・企業・個人が表彰されました。

表彰式1表彰式2

各表彰の受賞者、受賞作の詳細は下記リンクからご確認ください。

また、会場内には環境保全ポスター、エコライフ・フォトコンテスト、愛鳥週間用ポスターの受賞作・応募作も展示しました。

ラジオ公開放送

MCは中静祐介さん、山田彩乃さん。スペシャルゲストとしてNegicco。会場の様子を伝え、エコ川柳大賞を選んでいただきました。

キッズダンスフェスティバル

7チーム、総勢251名に参加していただき、会場を盛り上げていました。

屋外広場

屋外広場では4台のキッチンカーが出店し、ケバブ、きのこ汁、ピザやドーナツを販売し、盛況でした。

次世代エコカーとして、新潟県導入のホンダ「クラリティフューエルセル」、新潟市導入のトヨタ「ミライ」2台の燃料電池自動車(FCV)を試乗体験していただきました。

また、東北電力(株)導入のトヨタ「ミライ」、青木環境事業(株)導入の燃料電池フォークリフトも展示しました。

 キッチンカー水素フォークリフト

水素自動車1水素自動車2

会場の様子

入口飲食ブース

にいがた環境フェスティバル2019フワフワ

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ