ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 県民生活・環境部 環境企画課 > 新潟県エコライフ・フォトコンテスト

本文

新潟県エコライフ・フォトコンテスト

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0331178 更新日:2021年7月19日更新

新潟県エコライフ・フォトコンテストとは

新潟県エコライフ・フォトコンテストとはの画像

 平成21年度から開始したエコライフコンテストでは、家庭でできる省エネ・省資源等の環境に配慮したライフスタイルの実践的な取組を広く募集し、すぐれた取組を表彰し、情報発信することで、くらしの中で地球温暖化防止対策を促進することを目的としています。
 平成29年度からは、写真をメインとした「新潟県エコライフ・フォトコンテスト」として実施しています。

令和3年度新潟県エコライフ・フォトコンテストの募集についてはこちらをご覧ください

令和2年度のエコライフ・フォトコンテストを受賞した皆さんの活動を紹介しています

 令和2年度も、日常レベルの地球温暖化対策を促進することを目的に、家庭において地球にやさしいエコ活動に取り組む中で、みんなが笑顔になる瞬間やみんながやってみたいなと思える瞬間を撮影した写真を募集しました。

金澤 美和 さん

子どもと笑ってエコライフ(笑子ライフ)

子どもと笑ってエコライフ(笑子ライフ)

 長女は紙おむつでしたが、家にいる時間が長いので、次女は布おむつに挑戦。

 ゴミの少ない育児が気持ちよく、他にも子どもとできるエコな取り組みに挑戦してみました。

 視点が変わるだけで生活スタイルが変わりますね!

鈴木 崇生 さん

 心ゆったり おうち遊びを 楽しもう

心ゆったり おうち遊びを 楽しもう

 「コロナだからつまんない」とか言ってスネてる方がつまんない。

 やれることで楽しもう!ということで家の中ではマスク作り。これはほぼ、いや100%ウケ狙い(笑)。

 朝顔は毎年夏の『男のたしなみ』です!無理せず、肩肘張らず、夏をenjoyしましょう♪

田村 咲衣 さん

古いTシャツリメイクエコバッグ

古いTシャツリメイクエコバッグ

 私は社会の授業で3Rを学習しました。

 そこで私ができることを考えて、古いTシャツを使ってエコバッグを作ってみようと思いました。

 自分にできることをやることで地球にやさしく生活できるのはすごいと思いました。

田村 佳寿美 さん

麻ひも手作りネットのグリーンカーテン

麻ひも手作りネットのグリーンカーテン

 グリーンカーテンに初挑戦してみて、遮熱効果を実感することができました。

 花が咲いたり、実が成るのもとてもうれしく楽しく感じることができました。

 未来のために今できるエコライフを考え少しでも実行したいです。

三条イオンチアーズクラブ さん

新聞紙でエコバッグを作ったよ!!

新聞紙でエコバッグを作ったよ!!

 ●私達はペーパーナプキンなどを使い、ぬわずにできるマスクを作りました。ひもを通すところがむずかしかったです。新聞紙で作ったエコバッグは、とてもじょうぶでお買物に大活やくなこと間ちがいなし。(小5 髙木巴馨)

 ●エコバッグを作るときどの新聞を使うかで時間がけっこうかかりました。作る時、のりをつけるところが多くて、たいへんでした。完成したエコバッグは、けっこう重い物もいれられました。一回こわれたけどなおせました。(小4 金井椎弥)

 ●わたしは、しんぶんしと、ほうそうしで、エコバッグを作ってみました。ほうそうしで作る時、紙がかたくて作りにくかった。紙なのに、いがいにじょうぶで、おどろいた。(小2 にしむらあかり)

 ●わたしは、しんぶんしで、エコバッグをつくりました。絵をえらぶのがたいへんだった。じょうずにできてよかった。おかいものをしてみてじょうぶで、おかいものができた。(小2 中本芽生)

 ●かばんを作ってみて、のりがあまりうまくつかなかった。でも、テープをつけてじょうぶに、なりました。おかいものをしてみたらジシャクをとめてみてたのしかった。(小2 星野絆花)

過去の受賞者の紹介

新潟県環境会議のページへ戻る

環境にいがた

このページはリンク自由です

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ